FC2ブログ
ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

金足農の準優勝は感動のドラマなんかじゃない。

もう藤浪晋太郎のことは諦めている古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『地獄のデビル・トラック』、『ATOM』、『宇宙空母ギャラクティカ』、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』、『新しい靴を買わなくちゃ』、『ときめきメモリアル』など15本です。

さて、夏の甲子園は大阪桐蔭が金足農を破り、史上初となる2度目の春夏連覇を果たしましたね。
しかしマスコミの扱いは圧倒的に金足農が大きく、それは全て「感動をありがとう」的な取り上げ方でした。
マスコミなんてそんなモノだし、予想通りなので特に落胆も批判もしません。
だけど個人的には、金足農の準優勝に感動は感じませんでした。
私が感じたのは、痛々しさでした。

金足農のエースである吉田輝星投手は決勝戦で滅多打ちを浴びましたが、明らかに序盤で球威が落ちていました。
しかも、「壊れたんじゃないか」と思うぐらい極端な落ち方でした。
そうなってしまった原因は明白で、それまでの全試合でフルイニングを投げ切っていたからです。
肩が限界に達して、スピードが出なくなったわけです。

これがプロ野球の投手なら、先発した場合は中4日や中5日の間隔を開けて登板するのが普通です。
プロの選手がそれだけ気を遣って肩を休めているのに、高校生なら大丈夫とは言えないはずで。
それは「若いから平気」という問題じゃないでしょ。
若いから体力があるってことじゃなくて、肩の疲労度の問題なんですから。

日程が詰まっているとか、猛暑のシーズンに開催するのが間違いだとか、そういった意見もあるでしょう。
もちろん、それらも再考すべきですが、まずは投手に球数制限を設けるべきだと思うのですよ。
たぶん吉田投手は大丈夫でしょうけど、高校野球で頑張り過ぎたせいで、肩を壊す選手も少なくないわけで。
プロでも活躍できたはずなのに、そこで野球人生が終わってしまうとしたら、あまりにも残酷ではないかと。

高校野球の指導者では、どうやら球数制限に反対する意見の方が多そうですね。
それぞれの人が自分なりの理由を語っていますが、「それって完全に建前でしょ」と言いたくなります。
本音では、単純に「選手に無理をさせてでも勝ちたいから」ってだけでしょ。

球数制限を設けたら、複数の優秀にピッチャーを抱えることの出来る強豪校しか優勝できなくなり、番狂わせの面白さが減るという批判もあるでしょう。
エースが1人でマウンドを守り抜き、必死で投げ続けるという感動のドラマが無くなることを嫌う人もいるでしょう。
でも考えなきゃいけないのは、「どっちが大事なのか」ってことです。

高校生たちは、我々を楽しませるために野球をしているわけではないのです。
そして高校生たちは、我々を感動させるために野球をしているわけでもないのです。
大人が自分たちのエゴで若者に無理をさせているとしたら、それは醜悪で卑劣な行為だと思いませんか。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2018/08/25 00:24】 スポーツネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 10 | 2018/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2018年10月 (1)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (1)
  • 2018年05月 (1)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年03月 (2)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH