ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

中国政府は日本に感謝している。

中国で起きている激しい反日デモは、ついに日本人が負傷するという事態まで引き起こしましたね。
そんな騒動に関して、中国政府は謝罪や補償を拒否し、「日本が侵略の歴史などに対して誤った態度を取っているからデモが起きる」として、日本を非難しています。
しかしながら、それは中国政府の本音ではありません。
実際のところ、中国政府は日本に感謝しているはずです。

仮に、日本が中国政府の意向を全て受け入れ、首相の靖国神社参拝を中止し、常任理事国入りを諦め、全ての教科書に自虐的歴史観を表記したとしましょう。
それは、今の中国政府にとって望ましいことでしょうか。
答えは、ノーです。

現在、中国は失業、賃金格差、官僚汚職、公害など、様々な問題を抱えています。
国民の中には、中国政府への不満を溜め込んでいる人も少なくありません。
ヘタをすると、政府に対する大規模な暴動が各地で勃発し、手の付けられない状況になる可能性もあります(既に反日とは無関係のデモも起きているみたいですね)。
しかし、反日に市民の目を向けさせることで、彼らの溜め込んでいるイライラを紛らわせることが出来るのです。
反日運動が、市民のフラストレーションを発散させる格好のエサになるわけです。

だから、中国政府にとって、日本が常任理事国入りを目指したり、小泉首相が靖国に参拝したりしてくれるのは、好都合なのです。
それを理由にして日本を非難し、国民の反日運動を煽ることが出来ますからね。
反日に燃えている間は、政府に対する怒りは弱まっているでしょうから。
きっと中国の政府関係者は、日本に対して、こう思っていますよ。
「ほんま、おおきに」ってね(なぜ関西弁なんだ)。

ただし、その「反日で目くらまし大作戦」が、いつまで持つかは知らんけど。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

K-1だってやれないらしい!

K-1の中国での興行が中止になったんですって(笑) 別に良いんじゃないの?あんな変な国でしなくても凸(`Д゜;#) なんか?日本にいる留学生は困ってるみたいですよ。 だって!留学 ν暴れ日記【2005/04/13 23:54】

■中華人民共和国に歴史共同研究実施の提案を検討

---産経05/04/13記事引用---町村信孝外相は13日午前の衆院イラク支援特別委員会で、中国の反日デモに関連し、17日に北京で行う日中外相会談で、両国の歴史認識の溝を埋めるため、双方の専門家による歴史共同研究実施の提案を検討していることを明らかにした。こじれた日 はずれ刑事慎重派パート3【2005/04/14 02:19】

日中関係

中国人に一言。日中関係については、相手側の言い分も含め、全ての情報を知った上で判断、行動してほしい。今の日本と同じに、事実が曲げられた教科書で勉強してないか?正しい歴史事実を知る努力をしているんかと。日本が3兆円以上の資金で中国経済を支援、そのお金を中国 知的欲求解消方法【2005/04/20 20:31】

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH