ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

醜悪だけど、狡猾な安倍首相。

韓国や中国を糾弾する前に、まずは日本政府の外交能力の低さを批判すべきじゃないかと思う古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『スクービー・ドゥー』、『TEKKEN -鉄拳-』、『ロッキー・ホラー・ショー』、『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~』、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』など13本です。

さて、たまには真面目なネタも扱おうかってことで、今回は政治の話を。
安保関連法案が衆議院で強行採決され、60日ルールがあるので成立がほぼ確定的になりましたが、「安倍さんは上手くやったなあ」というのが私の感想です。

個人的には、「解釈の変更ってのがOKなら何でも有りだし、憲法の文言なんて無意味だろ」とは思います。
「内容を変えたければ憲法を改正すべきだろ」とも思います。
でも、それは置いておくとして、安倍さんは上手くやったと思うのですよ。

どうせ議論を続けても、維新の党を除く野党が賛成に回る可能性はゼロだったわけで。
そうなると、良き頃合いを見計らって強行採決に出るってのは、安倍さんからすると当然の行動でしょう。

この強行採決で支持率が下がっても、まだ自民党としては、そんなに大きなダメージではありませんしね。
次の選挙までは時間がありますから、そこまでに他の政策でリカバリーすれば無問題。

そもそも支持率がかなり下がったところで、よっぽどのことが無い限り、次の選挙で自民党が政権を失う可能性はゼロですからね。
何しろ、受け皿がありませんから。
自民党の支持率が下がったとしても、じゃあ次の選挙で民主党や維新の党が第一党になるかっていうと、そんなことは有り得ないわけで。
公明党と結託していれば、当分の間は自民党の天下が続くわけで。

そういう状況だからこそ、安倍さんとしては安保法案を通すチャンスを失いたくなかったんでしょう。
祖父の仇討ち的な感覚もあったのかもしれませんが、彼にとって安保法案は悲願だったはずですし。
ぶっちゃけ、これを通すために、再び総理の座に就いたと言っても過言では無いでしょう。

今後、様々な政策に失敗したり、トラブルに対処できなかったりして支持率が極端に下がった場合、たぶん自民党の中から突き上げを食らって首相交代という可能性はあるでしょう。
でも、安倍さんからすると、安保法案を通したことで、ある程度の充実感はあるんじゃないかと。
自民党が安泰の時期を狙って悲願を達成したわけですから、ナンダカンダ言っても狡猾な人ですよ、安倍さんは。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2015/07/18 22:44】 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH