ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

大島優子さんのAKB卒業を野球に例えて考察してみる。

またブルーレイディスクレコーダーにトラブルが起きてゲンナリしてしまった古川土竜です。
今回は番組表からの予約録画が出来なくなりましたが、全ての予約を消去した上で設置設定をやり直したら、とりあえずは直りました。
ただし誤表示が出るなど、まだ不安定な状態ではあるんですけど。

それはともかく、『映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ウィッカーマン』<2006年版>、『吸血怪獣ヒルゴンの猛襲』、『死亡の塔』、『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』など13本です。

さて、大島優子さんがAKBを卒業する日が近付いて来たわけですが、それについて少し。
と言うのも、これまで多くのメンバーがAKBを巣立って行きましたが、その中でも今回の卒業は、特に大きな意味を持つんじゃないかと感じるんですよね。

前田敦子さんが在籍していた時、彼女はAKBのエースと呼ばれていました。
それと同じような例え方をするならば、大島優子さんはAKBのクローザーだと私は思っているんです(ちなみにキャッチャーは高橋みなみさん)。

クローザーってのは、抑え投手のことです。
「苦しい状況でも、頑張って彼女まで繋げば何とかしてくれる」とか、「彼女でも無理なら諦めが付く」とか、そういう存在が、大島優子さんだったんじゃないかと思うのです。
そのクローザーが抜けるってのは、大きな出来事なんじゃないかと。

「エースの前田敦子さんが抜けてもAKBには全く影響が無かったんだから、今回も大したことが無いんじゃないの」と考える人も多いかもしれません。
実際、今のAKBが持っている絶大な人気からすれば、大した出来事ではないのかもしれません。
ただし、実はエースの代わりを見つけるよりも、クローザーの代わりを見つけることの方が難しいんですよね。
って、野球の話ですけどね、それは。

とは言え、運営側が上手く動いていく必要はあるんじゃないかなと。
大島優子さんの卒業を「エースが抜けてもビクともしなかったし、大丈夫でしょ」と軽く見ていたら、AKBにとって大きな転換期の予兆となる可能性はあるんじゃないかと。
まあ明らかに余計なお世話ですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2014/03/15 23:04】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH