ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

ラジー賞ノミネート発表。

第29回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネートが発表されました。
そのリストは『映画無段』でも掲載していますので、こちらのページをご覧ください。

今回は、何となく“ウーヴェ・ボル祭り”のような感じもしますね。
ついには功労賞まで贈られています。
ポール・ヴァーホーベンやレニー・ハーリン、ローランド・エメリッヒといった監督達でさえ功労賞は貰っていないのですから、いかにウーヴェ・ボルが偉大なラジー監督なのかが分かるというものです。
今回のノミネートにしても、『Tunnel Rats』などは、彼が監督していなければ、そもそも選考対象にさえなっていなかったでしょう。
何しろ主演がマイケル・パレのB級映画ですから、そんなマイナーな低予算映画は、普通ならノミネートの前に弾かれるのです。
しかし、「ウーヴェ・ボル監督」という名前があったために、ノミネート対象に入れられたのです。
それぐらい、ウーヴェ・ボルの名前は強い力を持っているわけです。

同じようなことは、パリス・ヒルトンにも言えます。
『The Hottie & the Nottie』は、パリス・ヒルトンの主演でなければ、まず間違い無くノミネート対象外だったでしょう。
パリス・ヒルトンは、ブルック・シルーズのような偉大なラジー女優になれる可能性を秘めている逸材だと言えます。

偉大なるウーヴェ・ボル様を除くと、マイク・マイヤーズ主演の『愛の伝道師 ラブ・グル』が強いですね。
というか、受賞そのものを考えると、ウーヴェ・ボル作品より、こっちが最有力でしょう。
一つにまとめられた『ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う』&『Meet the Spartans』が対抗馬といった感じでしょうか。

他に目立ったところでは、これで5年連続ノミネートとなったカーメン・エレクトラが、順調にラジー賞の常連としての道を歩んでいますね。
ジェシカ・アルバは2年連続、3回目のノミネートとなり、こちらも常連組になりつつあります。
あと、エディー・マーフィー御大は、もはや貫禄ですね。
『ランボー 最後の戦場』のシルヴェスター・スタローンが落選しているのに比べて、さすがの存在感です。

さて、果たして、どの作品、どの俳優がラジー賞の栄誉に輝くのでしょうか。
結果発表は、現地時間の2月21日です。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH