ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

しつこいセールスの電話。

たまにセールスの電話が掛かってくることがあります。
そういったセールス電話というのは、キッパリと断ってしまえば、大抵の場合、同じ会社の同じ人間から再び電話が掛かってくることはありません。
ところが、先日から掛かって来ていたセールスは、1度では終わりませんでした。
最初の電話で断ったのに、同じ人間から数日後に再び電話があって、それを断ったのに、また数日後に3度目の電話がありました。
で、さすがに4度目は無さそうなので、ここでネタにするわけですが。

電話の相手は、男性でした。
会社名は伏せますが、後で軽く調べたところ、どうやら問題のある企業のようです。
で、その男性が私に売り込もうとした商品は、外国為替証拠金取引です。

もう「外国為替証拠金取引」と聞いた時点で、こちらとしては全く興味が無いわけです。
でも、向こうは立て板に水で、ベラベラと喋り続けるのです。
だから私、とりあえず一通りの話は聞くことにしました。

その男性曰く、「70万を会社に預けていただけば、1ヶ月で確実に30万円の儲けが出る」らしいです。
「そんなに確実に30万も儲かるなら、他人に勧めるよりアンタがやればいいじゃん」とか、「そんなに確実に30万も儲かるなら、セールスの電話なんか掛けなくても客はワンサカと寄ってくるだろ」とか、そんなツッコミは、やめておきました。

それが狙いなのかもしれませんが、経済に疎い私に対して、その男性は専門的な用語を駆使しつつ、一方的に喋り続けるのです。
で、そんな中で男性は、「70万円預ければ30万円儲かる」とか、「長期だと心配でしょうから、1か月で様子を見てもらえれば必ず元の預け金は戻ります」という、その言葉を何度も繰り返すんですよね。
「必ず儲かる」という部分と、「絶対に損しない」という部分だけは、何度もアピールするんです。

その男性、最後まで「ノーリスク、ハイリターン」みたいな説明に終始しました。
外国為替証拠金取引って、元本割れの危険性とか、追証が発生するリスクがあったような気がしたんですけどね。
まあ私は経済に疎いので、間違っているのかもしれませんが。

その男性、「この時期にお勧めしている理由は、アメリカの景気が良いからです」と言っていました。
円とドルの関係を考えると、確実に金儲けが出来る時期らしいです。
ええ、法律改正で7月1日以降は電話勧誘が禁止されるという直前の時期なので、駆け込み勧誘をしているわけではないみたいです。

まあ、そんな出来事がありました、ということです。
それ以上でも、それ以下でもありません。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH