ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

第36回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネート結果発表。

どれぐらいの人が今でも「ゲスの極み」という言葉からハマカーンを連想するんだろうと考えて、ちょっとだけ切なくなった古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』、『アルフィー』<2004年版>、『ストレンジャー・コール』、『群青 愛が沈んだ海の色』、『シュアリー・サムデイ』など13本です。

さて、第36回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネート結果が発表されました。
そのリストについては、ウチだけじゃなくて色々な場所で掲載されています。
興味があれば好きなサイトをご覧頂くとして、今回はそれについて少し。

また今回も予想は外れまくっていますけど、いつものことなので気にしていません(少しは気にしろよ)。
ただ、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に関しては、「しまった、完全に眼中から外れてた」と思っています。
ラジー賞の性格を考えても、ここは確実に狙いどころですよね。
他の候補作と比べても、獲物としての旨味が詰まっていますからねえ。

他の作品や人物に目を向けると、まずはチェヴィー・チェイスですかね。
すっかり「過去の人」のイメージがあったんですけど、ベテランが頑張っていますね。
ちょっと意外ですけど、実はラジー賞にノミネートされるのって初めてなんですね。
『ボールズ・ボールズ2/成金ゴルフマッチ』や『絶叫屋敷へいらっしゃい!』など、ラジー映画には何本か出演しているので、候補になっていた気がしていたんですけどね。

最低主演女優賞に目を移すと、ラジー賞の常連となりつつあるキャサリン・ハイグルや、今後に期待が持てるミラ・クニスらに交じって、ジェニファー・ロペスが候補に入っています。
第33回の助演女優賞にもノミネートされていましたが、まだまだ健在ですね。
ラジー賞のターゲットになるってことは、裏を返せば「スター」として評価されているわけで、それだけでも大したモンですよ。

最低助演男優賞では、エディー・レッドメインが候補に入りましたね。
『博士と彼女のセオリー』でオスカーを受賞した翌年にラジー賞候補ってのは振り幅が広いですが、全てはウォシャウスキーズと絡んだのがいけないのです。
今やウォシャウスキーズは、すっかりラジー寄りの監督になっちゃいましたからね。

全体的に見ると、やはり『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』がノミネートされた部門においては全て本命ってことになるでしょうか。
まあ、この予想も外れる可能性が高いんですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2016/01/14 23:39】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 12 | 2016/01 | 02
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH