ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

大島優子さんのAKB卒業を野球に例えて考察してみる。

またブルーレイディスクレコーダーにトラブルが起きてゲンナリしてしまった古川土竜です。
今回は番組表からの予約録画が出来なくなりましたが、全ての予約を消去した上で設置設定をやり直したら、とりあえずは直りました。
ただし誤表示が出るなど、まだ不安定な状態ではあるんですけど。

それはともかく、『映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ウィッカーマン』<2006年版>、『吸血怪獣ヒルゴンの猛襲』、『死亡の塔』、『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』など13本です。

さて、大島優子さんがAKBを卒業する日が近付いて来たわけですが、それについて少し。
と言うのも、これまで多くのメンバーがAKBを巣立って行きましたが、その中でも今回の卒業は、特に大きな意味を持つんじゃないかと感じるんですよね。

前田敦子さんが在籍していた時、彼女はAKBのエースと呼ばれていました。
それと同じような例え方をするならば、大島優子さんはAKBのクローザーだと私は思っているんです(ちなみにキャッチャーは高橋みなみさん)。

クローザーってのは、抑え投手のことです。
「苦しい状況でも、頑張って彼女まで繋げば何とかしてくれる」とか、「彼女でも無理なら諦めが付く」とか、そういう存在が、大島優子さんだったんじゃないかと思うのです。
そのクローザーが抜けるってのは、大きな出来事なんじゃないかと。

「エースの前田敦子さんが抜けてもAKBには全く影響が無かったんだから、今回も大したことが無いんじゃないの」と考える人も多いかもしれません。
実際、今のAKBが持っている絶大な人気からすれば、大した出来事ではないのかもしれません。
ただし、実はエースの代わりを見つけるよりも、クローザーの代わりを見つけることの方が難しいんですよね。
って、野球の話ですけどね、それは。

とは言え、運営側が上手く動いていく必要はあるんじゃないかなと。
大島優子さんの卒業を「エースが抜けてもビクともしなかったし、大丈夫でしょ」と軽く見ていたら、AKBにとって大きな転換期の予兆となる可能性はあるんじゃないかと。
まあ明らかに余計なお世話ですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2014/03/15 23:04】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

第34回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果。

第34回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果が発表されましたね。
私の予想は見事に外れて、『ムービー43』が作品賞&監督賞&脚本賞の3部門をかっさらいました。
正直、スクリーン・コンボ賞に関しては『アフター・アース』じゃなくて『ムービー43』の可能性も充分に考えられるんじゃないかと思っていましたが、まさか前述の3部門を獲得するとは予想外でした。
ラジー賞の色合いを考えても、大勢の人間が監督を務めたオムニバス映画ってのは、受賞に不向きなんじゃないかと勝手に考えていましたので。
だって、ほら、何かの間違いで受賞者が式に出席するケースもあるわけで、大勢の監督がいる作品だと、そういうのも難しくなるわけで。

まあ、予想が外れた言い訳をクドクドと書いても仕方が無いので、この辺りにして。
とりあえず、私が本命視していた『アフター・アース』の方は、主演男優賞&助演男優賞&スクリーン・コンボ賞の3部門を獲得しました。
我らのM・ナイト・シャマランが監督賞を獲得できなかったのは残念ですが、まあ悪くない結果でしょう。
『アダルトボーイズ遊遊白書』なんて、9部門の内の8部門にノミネートされていたのに、1つも受賞できなかったわけですから。

アダム・サンドラーには、来年のラジー賞に向けて頑張ってもらいましょう。
それと、ベン・スティラーやエディー・マーフィー辺りにも期待します。
女優では、どうやらラジー賞に好かれたらしいキャサリン・ハイグルと、受賞経験のあるジェシカ・アルバに。
若手俳優では、『トワイライト』シリーズの3人が、あれで終わりじゃなくて、またラジー賞に関わって来ることを期待します。
あと、そろそろニコラス・ケイジはラジー賞から相手にされない役者になってきたような匂いがするんですけど、まだまだ頑張ってもらいたいところです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2014/03/02 22:31】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 02 | 2014/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH