ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

大津市のいじめ自殺について、少し引っ掛かっていること。

AKB48は好きだけど、AKB商法は吐き気がするぐらい大嫌いな古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『エアベンダー』、『NEXT -ネクスト-』、『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、『西遊記』など13本です。

さて、今回の本題へ移りましょう。
ここ最近、滋賀県大津市の皇子山中学校に通う中学2年生が昨年10月に自殺した事件に関連して、教師や学校、教育委員会などが厳しく糾弾されていますね。
いじめを知りながら、見て見ぬフリをした教師。
自殺の件について口外しないよう、生徒に口止めしていた学校。
生徒が自殺の練習を強要されていたというアンケート結果を公表せず、いじめと自殺の因果関係を否定した市教育委員会。
マスコミも、ワイドショーのコメンテーターも、声を揃えて批判していますね。

でも、教師がいじめを見ても知らないフリをするのって、当然でしょ。
学校が自殺について口外しないよう口止めするのも当然でしょ。
教育委員会がいじめと自殺の因果関係を否定するのも当然でしょ。
それって、大津市や皇子山中だけじゃなくて、大抵の教師や学校や教育委員会は、そういうモンでしょ。

とは言え、もちろん批判したくなる気持ちは分かります。
だけど、少しだけ引っ掛かるところがあるんですよね。
何に引っ掛かるかというと、今回の一件で教師や学校や教育委員会を激しく批判する人の中には、何か期待していた人も多いんじゃないかってことです。
つまり、もっと生徒の身になってくれたり、問題が起きたら真剣に調査してくれたり、そういうモノだと期待していて、その期待を裏切られたから批判しているんじゃないかという気がするんですよね。

でも、教師や学校って、そんなに立派なモンじゃないでしょ。
基本的に、教師ってのはクソみたいな連中で、学校や教育委員会ってのはゴミ溜めみたいな組織ですよ。
だから、今回の事件に対する教師や学校の対応は、別に珍しくも何ともなくて、言ってみりゃ「良くある日常の風景」なんですよね。

そりゃあ、世の中には生徒のことを真剣に考えてくれるような教師も存在します。
ただし、そういう教師は、ホントに珍しい存在です。
ですから、もしも貴方が学生で、そういう教師が担任だったとしたら、ものすごくラッキーだと思って下さい。
そして、その幸運に感謝して学校生活を送って下さい。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2012/07/14 22:50】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 06 | 2012/07 | 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH