ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

第28回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果。

第28回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果が発表されました。
映画無段』でも結果を掲載しています。
今回は、リンジーの『I Know Who Killed Me』が7部門、エディーの『マッド・ファット・ワイフ』が3部門で受賞。
この2作を除くと、他に受賞したのは、ラジー賞の常連になったキューバ・グッディング・Jr.の『Daddy Day Camp』が最低序章・続編賞を獲得したのみ。
やはり予想された通り、エディー・マーフィーとリンジー・ローハンのためのラジー賞になりましたね。

受賞数が多いのはリンジー・ローハンの主演作『I Know Who Killed Me』ですが、ポッ出の彼女よりも、やはりエディー・マーフィーですよ。
既にヴェテランの域に達したエディー・マーフィーがラジー俳優として頑張っているのは、素晴らしいことではないでしょうか。
これは簡単なことではありません。
何しろ、ラジー賞にノミネートされるためには、それなりの条件をクリアする必要があるのですから。
単純に「ボンクラ映画で冴えない姿を見せている」というだけではダメなのです。

例えばスティーヴン・セガールなんて、低予算インディーズ映画の人になってしまったため、もはやノミネートすらされません(相手にされていないのです)。
息の長いラジー俳優になるためには、ボンクラな映画を生み出す一方で、それでもメジャー大作に出演し続け、それなりに製作会社を儲けさせる仕事をする必要があるのです。
それを鑑みるに、エディー・マーフィーはスゴい人だと思うわけですよ。
えっ、誉め殺し?
何ですか、それは。

そう言えば、ずっと常連だったシルヴェスター・スタローンが、『ロッキー・ザ・ファイナル』の高評価などもあってラジー賞のから遠ざかっているのは残念ですね。
しかしスライのことですから我々の期待を裏切らず、『クリフハンガー2』辺りで再びラジー賞の舞台に戻ってきてくれるのではないかと、そう思ったりしています。
あと2011年1月に任期を終えるアーノルド・シュワルツェネッガー加州知事も、きっと戻ってきてくれることだろうと期待しています。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト

市川崑監督の逝去を巡る短い愚考。

映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『スパイス・ザ・ムービー』、『虚栄のかがり火』、『シティ・スリッカーズ2/黄金伝説を追え』、『ウルフ』、『ゴースト ニューヨークの幻』など14本です。

さて、最近の映画関連の話題と言えば、やはり最も大きいニュースは市川崑監督の死去ということになるでしょうか(日本アカデミー賞とかは、どうでもいいですし)。
これで市川崑監督の遺作はセルフリメイク版の『犬神家の一族』になるのかと思ったんですが、その後に10本の短編を集めたオムニバス映画『ユメ十夜』の中で「第二夜」を撮っているんですね。

個人的な意見としては、リメイク版『犬神家の一族』が市川崑監督の遺作になった方が、ある意味では幸せだったのかなあと思ったり。
その出来映えの如何に関わらず(っていうかオリジナル版を見た方がいいと断言しますが)、もはや老いて傑作を生み出す能力を失った市川崑監督にとって、本人の代表作のリメイクで終止符を打つってのは収まりがいいような気がして。

もちろん本人にコントロールできることではないのですが、何が遺作になるのかってのは、映画人にとってそれなりに重要だという気もするのですよ。
ラウル・ジュリアが死去したニュースを知った時に、『ストリートファイター』が遺作になるのは悲しいなあ、と思いましたから。

ところで、そのリメイク版『犬神家の一族』を、市川崑監督の追悼企画としてTBSが放送するそうで。
他の放送局も、予定を変更して市川崑監督の作品を放送するかもしれません。
普通に代表作を選ぶとすれば、オリジナル版の『犬神家の一族』や『ビルマの竪琴』辺りになるのでしょう。
でも個人的には、『トッポ・ジージョのボタン戦争』をやってほしいです。
それが傑作だからということではなく(私は未見です)、どうやらトンデモ系の映画らしいので。
あと映画よりもTVシリーズの『木枯し紋次郎』を放送してくれた方が嬉しいですけど。

では、死ななかったら、また会いましょう。

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 01 | 2008/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH