ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

第28回ゴールデン・ラズベリー賞ノミネート結果発表

第28回ゴールデン・ラズベリー賞の候補が発表されました。
映画無段』でもノミネート結果を掲載しています。
お暇なら、ご覧ください。
補足説明しておきますと、助演男優賞にノミネートされたオーランド・ブルームの出演作はもちろん『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』です。
ただ、ラジー賞サイトでの表記が英語でのダジャレになっているのです(元の表記は「PIRATES OF THE CAROB-BEAN: AT WIT'S END」。「CAROB」はイナゴ豆のこと)。
なので、日本語タイトルのダジャレになるような意訳を考えたのですが、上手い言葉が思い付かず、しょっぱい状態になっております。
何か他に適当な言葉が思い付いたら、表記を変更するかもしれません。

さて、ノミネート結果について。
まず思ったのは、「さすがエディー・マーフィー」ってことでしょうか。
1人で複数役を演じる得意技で、主演男優、助演男優、助演女優、スクリーンカップルの4部門に単独でノミネートされるというミラクル。
かつてのラジー賞常連組が次々と去って行く中、エディーは健在ですね。
完全にラジー賞に気に入られたキューバ・グッディング・Jr.が今回もノミネートされていますが、まだまだエディーも若い者には負けていませんね。

女優部門では、リンジー・ローハンが1人で主演女優賞に2度もノミネートされるという離れ業。
こちらもエディーと同じく、単独でスクリーン・カップル賞にノミネート。
ラジー賞に好かれやすいタイプの女優だとは思いますが、しかし今後、彼女が常連になれるかどうかは難しいところ。
何しろ私生活でトラブルが多すぎるので、マトモな映画に出演してラジー賞候補者の資格を得られるかどうかが微妙ですし。
なので、今回がラスト・チャンスになる可能性もありますね(何のチャンスだか)。

はてさて、果たして受賞者は誰になるのでしょうか。
まあザッと見た限りでは、今回はエディー・マーフィーとリンジー・ローハンの存在感が圧倒的って感じもしますけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト

泣ける映画で泣けないダメ人間。

映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『アラン・スミシー・フィルム』、『トゥームレイダー』、『チャーリーズ・エンジェル』、『ポルターガイスト2』、『すももももも』など14本です。

ところで、テレビ朝日の『SmaSTATION!!』で、“大人が選ぶ「泣ける洋画」ベスト30”というアンケートの結果が発表されたそうで。
私は番組を見ていないのですが、番組のサイトで調べると、1位が『タイタニック』、2位が『アルマゲドン』、3位が『ゴースト ニューヨークの幻』だったようで。

ベスト3は全てポンコツ映画という、素晴らしいアンケート結果ですね(『ゴースト』は次回にでも「ポンコツ映画愛護協会」に掲載します)。
30位までを見ても、『A.I.』や『ある愛の詩』といったポンコツ系が入っていますね。
あと、『ローマの休日』は名作かもしれんが泣ける映画じゃないだろうと思ったり(あれはオードリーを味わう作品だと個人的には捉えています)。
1940年の映画『哀愁』が入っているのは、ウソ臭さが匂うなあと思ったり(昔の映画も入れることでバランスが取れたアンケート結果に見せようとしているとか)。
まあ、どうせTV番組のアンケートが自分の意見と一致することなど有り得ませんし、それに演出があることも分かり切っていますけどね。

えっ、じゃあテメエが泣ける映画は何なのかって?
そりゃあ、たくさんありますよ。
今回のアンケートは洋画ですが、邦画でも色々とありますよね。
『黄泉がえり』とか、『世界の中心で、愛をさけぶ』とか、『いま、会いにゆきます』とか、『この胸いっぱいの愛を』とか、『涙そうそう』とか。

……すみません、ウソをつきました。
上に記した邦画で、泣いたシーンなど一つもありません。
それらの作品は全て、「泣ける映画」じゃなくて、「最初から泣くことを目的にしている人が見るための映画」でしたね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 12 | 2008/01 | 02
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH