ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

『バットマン』はポンコツ映画なのか。

土曜日に『映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ジュラシック・パークIII』、『M:I-2』、『ゴーストバスターズ2』、『バットマン』、『ヤマトよ永遠に』など14本です。

「あの『バットマン』がポンコツ扱いなのか」と思われるかもしれませんが、取り上げているのはティム・バートン版ではなく1966年のヴァージョンです。
アダム・ウェストが主演したTVシリーズの劇場版ですね。
ダークな世界観を構築していたティム・バートン版とは違い、ものすごく能天気なコメディー映画になっています。
ちなみにハリボテ映画部門ではなく、トンデモ洋画として取り上げています。
ただ、あくまでも個人的な感想ですけど、最初から脱力系のバカ映画として見れば、なかなか面白いですよ。

ちなみにティム・バートン版の『バットマン』は、彼のフリークス好きが作品のバランスを狂わせてはいましたが、ポンコツだとは思いませんね。
そんでまあ何が言いたいかというと、『バットマン ビギンズ』はポンコツだってことですな(いずれ「ポンコツ映画愛護協会」でも取り上げますが)。
「アメコミ映画にもバットマンにも全く興味が無いのなら、最初からオファーなんて受けるな」とクリストファー・ノーラン監督には言いたいです。言い含めたいです。言いくるめたいです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト

千の風になりましたから。

第58回NHK紅白歌合戦の出場歌手発表会見が行われましたが、正直に言ってパッとしませんねえ。
目玉になるような歌手も見当たりませんし。
どうやら大物にはことごとく断られたようなので、仕方が無いんでしょうけど。
視聴率的には、かなり苦戦しそうですね。
いっそのこと、これまでの紅白歌合戦の名唱・熱唱だけを集めて再編集し、『紅白歌合戦ベストセレクション』として大晦日に放送した方が面白いんじゃないかと思ったり。
まあ、私は『ハッスル』か『ガキの使い』を見る予定なので、どうでもいいんですけどね。

そんな中、秋川雅史氏が当然の如く紅白の出場歌手に入っていますね。
昨年に引き続き、もちろん『千の風になって』を歌うのでしょう(それ以外にありませんしね)。
日本レコード大賞では、製作サイドが素敵なセンスを発揮して大賞候補から外しましたが、それでも特別賞には選ばれています。
『千の風になって』は、今年を代表する一曲だったと言って間違いないでしょう。

個人的には何の感情も喚起されませんが、『千の風になって』を聞いて感動した、涙を流したという人は大勢いるでしょう。
いえね、そのことは別にいいんですよ。
ただ、『千の風になって』に感動した人の大半は、たぶん普通に墓参りをするんですよね。
それって変じゃないかと思ったりするわけですよ。
だって、『千の風になって』の歌詞を思い出してくださいよ。
墓参りに行っても、そこに貴方の先祖はいませんから。
千の風になって、空を吹き渡っていますから。

では、死ななかったら、また会いましょう。

野球五輪代表、北京行き決定。

「沢尻エリカ」と言おうとして、しばしば「沼尻沙弥香」と口にしてしまうボンクラな古川土竜です。
そんなことは、さておき。
北京五輪予選を兼ねた野球のアジア選手権で、日本が3戦全勝で北京五輪出場を決めましたね。
フィリピン戦はともかく、韓国戦と台湾戦は息詰まる熱戦でした。
野球を見て、こんなに興奮&緊張したのは久しぶりです。
今シーズンの阪神タイガースの試合でも、こんなに燃えたことは一度も無かったですし。

今回の大会では、印象に残ることがたくさんありました。
幾つか列挙してみましょう。

・好守備やタイムリーの度に選手が見せたガッツポーズから伝わる、熱い魂。
・川上投手と岩瀬投手がピンチで見せた、気合いの三振奪取。
・宮本キャプテンの繊細なコーチングと狡猾なスライディング。
・負傷した足を引きずりながらも、ホームランを打った新井選手をわざわざ本塁まで迎えに行く井端選手の心意気。

・上原投手、市川歌右衛門御大ばりに貫禄たっぷり。
・青木選手って、台湾戦まではヒヤマ(桧山)ってましたね。
・胴上げになって気付きましたよ、「そうか、和田選手もいたよな」ってことに。
・その胴上げのスーパースロー映像って必要ですか?

・紳士協定を破ったことに抗議しても、韓国は紳士じゃないので通用しません。
・韓国選手のキンケード化。
・台湾代表のチン・キンポー選手、名前からして、まさに主砲。
・特別解説の古田敦也氏、まさかのdubbed松木安太郎。
・野球中継に進行役って必要ですか?

それにしても、サッカーの川添孝一さんといい、野球の大塚光二さんといい、グラウンド(ピッチ)解説に微妙な人(他の局なら間違いなく使わない人)を起用するセンスは、さすがテレビ朝日だと思いました。
アサヒってますよね(それは「アサヒる」の使い方が違うぞ)。

では、死ななかったら、また会いましょう。

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 11 | 2007/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH