ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

『天才!志村どうぶつ園』を見たバカの妄想。

日本テレビ系列の動物バラエティー番組『天才!志村どうぶつ園』を、たまたま見てしまいました。
なし崩し的に「DonDokoDon」という肩書きを抹消しようとしている山口智充さんが、レギュラーで出演していました。

番組では、その山口さんが3匹の子熊をペットとして飼い慣らし、一緒に暮らすというコーナー企画が放送されました。
3匹の子熊は、山口さんの足に抱き付いたり、ユーモラスなステップでトコトコと歩いたり、たっぷりと愛嬌を振り撒いていました。
そのVTRをスタジオで見ていた人々からは、「可愛い」という声が飛び交っていました。

その時、根性が捻じ曲がっている私は、ふと思ったのです。
この番組を見て「クマは可愛い動物なのだ」と勘違いしたガキンチョが野生のクマに無防備に近付き、襲われて大怪我を負う事故が起きたら面白いなあと。

そんな私こそ、クマに襲われて死ぬべきです。
アライグマに。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト

根来コミッショナーに物申す。

最近は村上ファンドの阪神電鉄株取得に絡む阪神タイガースの問題や、楽天のTBS株取得に絡む横浜ベイスターズの問題など、何かとプロ野球界の周辺が騒がしいですな。
そんな中で、それらの問題に関してプロ野球関係者も色々とマスコミに発言しています。
当然の如く、根来泰周コミッショナーもコメントを出していますね。
でもね、根来さんの発言には、どうにも違和感を禁じえないのです。
いえ、発言の内容が云々というのではなくて、彼が発言すること自体に。

確か根来さんって、かつてプロ野球のストライキ問題の時に辞任を表明しましたよね。
で、12球団の代表者から強い慰留を受けて、「後任の人事が決まるまで」という約束で現職に留まったはずですよね。

つまり、あの人は暫定的にコミッショナーの座に留まっただけのはず。
それなのに、いつの間にか「早く後任を決める」という話は立ち消えになり、当たり前のように根来さんがコミッショナーを続けていますよね。
で、当たり前のように、プロ野球界の問題についてコミッショナーの立場で発言しているわけですよ。

しかしね、前述した経緯を考えると、本来はとっくの昔に辞任しているはずなのに、なぜか堂々と居座り続けている厚かましい人物なわけで。
おまけに、高校生のドラフト会議で事務局の不手際によって交渉権獲得チームを間違えるハプニングが起きた時も、高校生の心を傷付けるような重大なミスなのに、なぜかマスコミに対してヘラヘラしながらコメントしてましたし。
そんな根来さんが何を語ろうとも、説得力に乏しすぎると言いたいです。言い切りたいです。言いまくりたいです。

・・・・・・それでも、少なくとも私のブログよりは遥かに説得力がありますけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

変わったことなど無いのです。

最初に謝罪しておきます。
風子様、you様、コメントに対して長らく返事を書き込まなかった私を、お許しくださいませ。
全くブログをチェックしていませんでした。
お詫びにバウムクーヘンを送ろうと思ったのですが、送り先が分からないので無理です。
あと、間違えてガムテープを送りそうなので、やめておきます。

ともかく、遅れ馳せながら返事を書いておきます。
ホント、どうもすいません。
お餅も入ってベタベタと、安くてどうもすいません(by林家三平師匠)。
えっ、「お前、全く反省してねえだろう」ですって?
それは正解です。

前回のテキストを書いた後、ぼちぼちとペースを上げていこうかと思っていたのです。
しかし次の日には完全に忘却の彼方となっており、気が付けば今日になっていたのです。
さすがに、そろそろ何か存在証明を残さないとマズいだろうということで、こうして書いている次第です。

しかし書き始めてみたものの、何も思い付かないのですな。
日常生活では、特に変わったこともありませんしね。
せいぜい耳から出血したり、体温調節がバカになったり、足の付け根から変な汁が出たりしたぐらいです。

そうですねえ、何もネタが無いので、見たテレビ番組の話など。
どうやらTBSが気合いを入れて開始したと思われる番組『リンカーン』ですが、金を掛けてますねえ。
しかし楽天との一件が持ち上がったので、そっちで金が必要になるでしょうし、製作費は大丈夫なのかと思ったり。

番組の中身ですが、とりあえずオープニングのアニメーションは好きですね。
内容が面白くなるかどうかは、「どんなコーナー企画を用意するか」「ダウンタウン&さまぁ~ずの化学反応が上手く行くか」という2つのポイント次第のような気がしましたね。

それにしても、大喜利スタイルのコーナーで、「他の芸人が笑いを取った後、ダウンタウンの松本さんがスベり笑いを取る」というパターンが多かったように思うのですが、それは狙い通りなのか、どうなのか。
とりあえず、さまぁ~ず大竹さんの「笑いの瞬発力」が発揮されていたなあ、というのが第1回放送の印象でした。

さて、このブログ無段ですが、これからはボチボチとペースを戻していくつもりです。
少なくとも、こまめにブログをチェックして、訪問者のコメントがあれば返事を書くつもりです。
明日になれば忘れているかもしれませんが、その時は、その時です。

では、死ななかったら、また会いましょう。

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH