ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

タイブレークの、その前に。

フジテレビは視聴率で苦戦が続く現状を「非常事態」と捉えているそうですが、10月改編の内容を見る限り、本気で非常事態だと感じているようには全く思えない古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』、『エレクトラ』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』、『首都消失』、『私をスキーに連れてって』など13本です。

ところで、日本高野連が来春のセンパツからタイブレーク制を導入することに決めたそうで。
詳細については先送りされたものの、延長13回から適用されることだけは確定事項のようで。

高野連がタイブレーク制の導入を決めた理由には、「大会日程の円滑な消化」「選手の健康管理」といった点が挙げられます。
しかし「大会日程の円滑な消化」を考えるなら、延長13回の適用はヌルすぎるでしょう。
実際、事務局長も「統計によれば延長は12回まで終わる可能性が高い」と言っちゃってるわけで。

本気で大会日程の円滑な消化を考えるなら、延長に入った時点でタイブレーク制を適用すべきじゃないかと。
タイブレーク制については、特に高校野球の熱烈なファンからは「名勝負が減る」ってことを懸念する意見もあるでしょう。
でも、それは「延長戦に入った方が名勝負」という固定観念に囚われている部分もあるんじゃないかと。
それと「慣れの問題」ってのも大きくて、きっとタイブレーク制が馴染めば、その中での名勝負も生まれてくるはずです。

もう1つの導入理由である「選手の健康管理」に関しては、さらにヌルいなあと。
それを本気で考えるなら、タイブレーク制より先に球数制限を設けなきゃダメでしょ。
ピッチャーの健康管理を考えれば、そっちの方が遥かに有益ですよ。

球数制限についても、やっぱり「名勝負が減る」という観点から反対する人もいるでしょう。
でも、これもタイブレーク制と同様で、「多く投げれば名勝負」という固定観念じゃないかと。
もう1つ、「球数制限を設けると複数のピッチャーを用意する必要があり、多くの選手が集まる強豪校が有利になる」ということを懸念する意見もあるでしょう。
だけど今の時点でも、強豪校の方が絶対に有利なわけで。
それに球数制限を設ければ、優勝な選手が全試合に完投することは不可能になるので、ジャイアント・キリングが起きる可能性は高くなるんじゃないかと。

プロ野球だったら、先発ピッチャーは中4日や中5日で投げるわけで。
もしも連日や中1日の間隔で何試合も続けて先発させたら、間違いなく批判されますよ。
それを高校野球ならOKにしていることが、ホントはおかしいわけでね。
「若いから大丈夫」ってことじゃなくて、むしろ高校生だからこそ余計に、消耗品である肩は大事にしなきゃダメでしょ。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2017/09/24 00:25】 スポーツネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

金本監督体制の2年目に対する期待と不安。

久々にノドに来る風邪をひいてしまい、最低でも1ヶ月はノドの痛みが続くことを覚悟している古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『スティーブ・ジョブズ』、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』、『大帝の剣』、『ヘルタースケルター』、『野性の証明』など13本です。

さて、そろそろプロ野球の開幕が近付いて来たので、今回は阪神タイガースの話題を。
以前も書いた通り、私は昨シーズンのタイガースを好意的に捉えています。
「スクラップ&ビルド」の1年目だったので、Bクラスに沈んだことは全く気になりませんでした。

しかし金本監督になって2年目に入ったので、同じ状態が続くのでは困ります。
今シーズンはスクラップよりもビルドの比率を上げる必要がありますが、その中で順位も上げてほしいなと。
陣容を見る限り、昨シーズンよりは上だと思いますしね。

昨シーズンから若手が着実に成長し、北條や原口、岩貞といった面々がレギュラーとして起用されそうなので、そこは大いに期待しています。
原口が捕手じゃなくて1塁手ってのは少し気になりますが、「原口の腰が不安」「梅野を使いたい」といった事情もあるんでしょう。
北條や高山の守備には不安が付きまといますが、そこは試合を重ねる中で上達してもらいましょう。
糸井や福留は大きな怪我さえ無ければ、たぶん活躍してくれるはずです。

ただ、もちろん期待感は抱いていますが、不安も少なくありません。
一番の問題は、どうやらキャンベルがハズレ外国人っぽいってことです。
ホームランバッターじゃなくてアベレージヒッターという時点で補強ポイントからズレていると思いますが、それどころか内角に大きな弱点があるようで。
そもそも怪我で出遅れていますし、三塁はシーズンの大半で日本人選手が守ることになる気配がプンプンしています。

ホームランの数だけじゃなくて、たぶん盗塁の数も、そんなに増えない気がするんですよね。
先発メンバー予想を考えた時に、盗塁数の増加に大きく貢献してくれそうな選手って糸井ぐらいなんですよね。
他にも、送りバントが下手な選手ばかりだとか、前述したように守備面の不安がある選手は多いとか、懸念材料は色々とあります。
なので昨シーズンよりは期待していますが、優勝を狙えるかというと、それは厳しいでしょうね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2017/03/25 22:24】 スポーツネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

金本監督の1年目を肯定する。

どんな時に聴いても『Like a Rolling Stone』が身に沁みる古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『シャギー・ドッグ』、『スーパーマン4 最強の敵』、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』、『丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!』、『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』など13本です。

さて、今回は阪神タイガースの話題を。
プロ野球のレギュラーシーズンが終了したので、金本監督の1年目について総括を書きます。

タイトルでも触れた通り、私は好意的に評価しています。
消化試合になってから帳尻合わせをしたような4位ですし、それまでは最下位争いに巻き込まれていたので、批判的に捉える人がいても充分に理解できます。
ただ、金本監督に課せられた使命は「スクラップ&ビルド」です。
まずはスクラップから始めるわけですから、そりゃあ低迷するのは仕方が無いかなと。

ですからシーズンが開幕した時点で、今年は最下位でも構わないと私は思っていました。
むしろ、これまでの主力だった鳥谷選手や藤浪投手が極端に調子を落としたことを考えれば、健闘したんじゃないかと。
まあ鳥谷選手や藤浪投手が調子を落としたのは、超変革を目指したのが原因という可能性もありますけど。

何と言っても金本監督の1年目で高く評価できるのは、多くの若手選手が成長したことです。
ルーキーの高山を始め、若手の原口や北條が、ほぼレギュラーに定着しました。
投手陣でも、岩貞や青柳がローテーションに入りました。
他にも、陽川や板山など多くの若手がチャンスを貰いました。
これは「ビルド」の部分として、充分に評価できるんじゃないかと。

もちろん、百点満点というわけではなくて、采配に疑問を感じることもありました。
ただ、金本監督だけでなくコーチ陣も新人が大半だったので、不慣れな部分が否めなかったのでしょう。
そういう意味では、金本監督の手腕が云々というよりも、優秀な参謀を招聘しなかったことに問題があるんじゃないかと。
「優秀であることを期待していたコーチが、そうでもなかった」という可能性もありますけどね。

気になるのは、FAを中心にした大型補強の噂が流れていることです。
そりやあ即戦力の補強がゼロでいいとは言いませんけど、せっかく何人かの若手が育ちつつあるのに、その芽を潰すような愚行は勘弁してもらいたいですね。
そうなると、今までのタイガースと何も変わらなくなっちゃうわけでね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2016/10/15 22:20】 スポーツネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

なでしこリーグの不純な鑑賞法。

『黒田一平 VS 地獄のローパー』という、どこにも需要が無さそうなピンク映画の企画を勝手に妄想している古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『天国の門』、『スター・トレック』<1979年版>、『プロメテウス』、『エクスクロス 魔境伝説』、『だいじょうぶマイ・フレンド』など13本です。

さて、今回は珍しく、女子サッカーに関する話題を。
サッカー関連なので『サンガ無段』で取り上げてもいいんですけど、あっちは氷漬けにしてあるもので。

ワールドカップで優勝した頃、女子サッカーは大きなブームに湧きました。
なでしこリーグの試合でも、主にINAC神戸ではありましたが、観客動員が飛躍的に増加しました。
しかしバブル景気のような状況は長続きせず、どんどん観客動員は減少していきました。

今年は代表チームがリオ五輪の本選出場を逃し、さらに観客動員が厳しくなることも考えられます。
高倉麻子さんが新しい代表監督に就任して仕切り直しに入ったわけですが、すぐに観客動員の大幅な増加へ結び付くとは思えません。

そんな中、余計なお世話ですが、なでしこリーグの観客動員を増やすアイデアを考えてみたのです。
それは「可愛い選手を前面に押し出す」という方法です。
そういう選手を目当てに、男性が会場へ来ることを促すという方法です。

もちろんビジュアル重視でサッカーの試合を観戦するってのは、ものすごく不純な動機です。
でも考えてみれば、男子サッカーを観戦する女子だって、同じような動機の人も少なくないと思うんですよ。
実際、代表チームで一番人気なのは、現在は怪我で離脱中ですが、やっぱりイケメンの内田選手なわけで。

他のスポーツに目を移してみれば、流行語にもなった「カープ女子」だって、全員が野球に詳しいわけではなく。
「野球のルールは知らないけど、イケメンがいるから球場へ行く」という人もいるわけで。
そんな風に考えれば、不純な動機による観客を呼び込むってのも、そう悪くない方法じゃないかと思うんですよ。
どんな理由であろうと会場に来てもらい、その中で何割かの人間が本当に女子サッカーを好きになってくれたらいいわけでね。

ってなわけで、浦和の猶本光、ベレーザの清水梨紗、大阪高槻の成宮唯、新潟の小原由梨愛といった辺りの選手は、不純な動機にオススメかなと。
えっ、「神戸の仲田歩夢を外すんじゃねえよ」ですって?
もちろん彼女はビジュアルだけを考えれば、不純な動機にピッタリの人材ですよ。
ただし残念ながら控え選手ですし、彼女を期待して会場へ行っても出場しない可能性が高いんですよねえ。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2016/06/17 23:41】 スポーツネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

WBSCプレミア12の大いなる問題点。

「杭が届いていなくても安全に問題は無い」と言うのなら、その杭は何のために打ち込んでいるのかと思う古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ジャックはしゃべれま1,000(せん)』、『トータル・リコール』<2012年版>、『ベスト・キッド』<2010年版>、『俺は、君のためにこそ死ににいく』、『フライング☆ラビッツ』など13本です。

現在、野球の国際大会「WBSCプレミア12」の第1回大会が開催されています。
開催前は「本気になっているのは数チームだけ」「微妙な大会」なんてことも言われていましたが、始まってみればテレビ中継の視聴率は好調。
準決勝で日本は負けましたが、少なくとも日本戦に限れば、かなり盛り上がった様子です。

中継を担当したテレビ朝日やTBSは喜んでいるでしょうけど、「これでホントにいいのか?」と個人的には疑問を覚えています。
それは「参加チームの構成」とか「相変わらずMLBが協力していない」とか、そういうことではありません。
試合時間の長さが、ものすごく気になるのです。

予選ラウンドから含めて、大半の試合が3時間を超えています。
日本戦に限れば、その全てが3時間超。
予選5試合の内、2試合が3時間30分超、2試合が3時間20分超。
決勝トーナメントに入っても、準々決勝が3時間14分で、準決勝に至っては3時間50分も掛かっています。

そりゃあ、色んな事情はあるのかもしれません。
しかし考えてほしいのは、野球が五輪競技から外されたという事実です。
東京五輪で復活する可能性はありますが、そうなったとしても一時的です。
それ以降の五輪でも野球が採用されるかどうかは、かなり微妙でしょう。
WBSCプレミア12ってのは、そういう方面にもアピールすべき大会のはずです。

野球がロンドン五輪&リオ五輪で開催競技から外された一番の理由は、もちろん「世界的な普及が今一つ」ってことです。
ただ、「試合時間の長さ」ってのも、かなり影響が大きいはずです。
だからこそ、国際野球連盟は復帰活動で「7回制導入の検討」ってことを掲げていたはずで。

そういうことを考えれば、今回の大会では「野球はそんなに時間が掛かる競技じゃないですよ」とアピールすべきだったのです。
それなのに迅速化を図るどころか、むしろ試合を長引かせようとしているようにさえ思える状態が続いているわけで。

日本野球機構は今年、ファンの減少を食い止めるために試合時間の短縮を目指し専門委員会を発足しました。
熊崎勝彦コミッショナーは、「3時間以内が望ましい」とコメントしています。
それなのに、プレミア12では全く努力の気配が見られません。
「プロ野球のシーズンとは別の大会だから」ってことなんでしょうか。
野球に関わる人々が「盛り上がっているし、視聴率も好調だから、別にいいんじゃね?」と軽く済ませていたら、自分で自分の首を絞めることに繋がるような気がするんですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2015/11/20 22:34】 スポーツネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH