FC2ブログ
ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

吉本騒動の意外な面白さ。

吉本興業の闇営業問題では、多くの芸人がテレビやラジオ、あるいはSNSを使って様々なことを発言しています。
明石家さんまさんやダウンタウンの松本さんなど、いわゆる大物芸人と呼ばれるような面々も積極的にコメントしています。

ただ、中には覚悟を持って発言している人もいるでしょうが、ほとんどの人間は大して後先を考えずに喋っているように感じます。
特に若手芸人なんかは、個人的な不満をぶち撒けたり、誰かの尻馬に乗ったりしているケースばかりじゃないかと。
極楽とんぼの加藤さんにしても、後輩のことを憂慮してのコメントじゃなくて、ただ感情的になって日頃から溜まっていた苛立ちを吐露しただけじゃないかと。

面白いなあと思ったのは、色んな芸人が積極的に喋れば喋るほど、何のコメントも出していないダウンタウン浜田さんの株がどんどん上がっているということですね。
いつの間にやら、ラスボス感さえ漂っている状態で。
「沈黙は金なり」という格言は、まさに正しいんだなと感じました。

そもそも芸人が積極的に喋ったところで、問題の解決には何一つとして貢献していないんですよね。
むしろ騒ぎを大きくして、問題をややこしくしているだけで。

ホントに動きたかったら、裏で静かに動けばいいわけでね。
メディアで積極的に喋っても、それはマスコミに美味しいエサを与えているだけに過ぎないわけでね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト



【2019/07/27 22:11】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

一番悪いのは吉本興業じゃない。

吉本興業の闇営業問題は宮迫博之さんや田村亮さんたちの無期限謹慎で収束するのかと思いきや、彼らの記者会見から第二幕が始まりましたね。
そして彼らの記者会見から一気にマスコミの取り上げ方が変化し、「吉本興業は酷い会社だ」という方向へ大きく傾いています。

岡本昭彦社長の会見がグダグダだったこと、その内容がドイヒーだったこともあって、吉本興業への批判はますます高まっています。
そのおかげで宮迫さんは批判の的から逃れ、それどころか被害者のような扱いになっているんですから、彼は岡本社長に感謝しなきゃいけませんね。

ただ、ちょっと落ち着いて考えなきゃいけないことがあると思うんですよ。
それは、「そもそも闇営業問題が大きな騒動に発展したのは、何が原因だったのか」ってことです。

最初に闇営業問題が報じられた時点では、間違いなく吉本興業は所属タレントを守ろうとしていたはずで。
それなのに宮迫さんたちが「ギャラは貰っていない」と嘘をつき、それを会社側が信じて発表してしまったから、ややこしくなったわけで。
初めからギャラを貰ったことを素直に認めていれば、吉本興業も謝罪会見を設定し、ここまで長引かずに済んだんじゃないかと。

そりゃあ吉本の芸人が仲間である宮迫さんたちを守ろうとするのは、当然のことだと思いますよ。
ただ、岡本社長をスケープゴートにして、吉本興業を悪役に仕立て上げて、「宮迫さんも被害者」みたいな空気を作ろうとするのは違うんじゃないかなと。
いつの間にか論点がすり替えられていますけど、今回の件で一番悪いのは誰なのかと。
それはギャラを貰っていないと嘘をつき、後輩芸人にも口裏を合わせるよう指示した宮迫さんだと思うんですけどね。

もちろん吉本興業には色々と問題がありますし、ブラック企業と言われても仕方がないかもしれません。
ただ、『逆境ナイン』のサカキバラ・ゴウの名言を借りるなら、「それはそれ、これはこれ」ですから。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2019/07/24 22:06】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

NGT48の騒動は続くよどこまでも。

メンバーの山口真帆さんが襲撃される事件の発生後、その対応を批判されていたNGT48の運営が、チーム制を廃止して再出発をすることを公式に発表しましたね。
体制をリセットすることが目的とされていますが、もはや看板の付け替えにすらなっていないですよね。
チーム制を廃止しても、自ら辞めない限りは全員が残留するわけですし。

複数のメンバーがファンと繋がっていたこと、暴行した連中と繋がっているメンバーもいたことは明らかになっているのに、そこへの対処は何も取っていません。
しかも、AKSとNGTの運営が腐り切っていることが何より大きな問題なのに、そこも手を付けていないわけで。
ようするに今回の発表は、「我々は何も変わりません」と宣言しているようなモノであって。

これでファンを納得させ、世間を丸め込めると思っている辺り、いかにAKSとNGTの運営がダメなのかが分かろうというものです。
もはや残された道は、「NGTを解散させる」「今のメンバー全員を卒業させて、運営をAKSと無関係の組織に委託してゼロからやり直す」というぐらいしか残されていないんじゃないかと思うんですけどね。
でも、そんな対策を取れるぐらいなら、こんな事態に陥ることは無かったでしょうからね。

チーム制の廃止で一連の騒動が完全に終結することは、たぶん無いでしょう。
この後も、まだ色々と情報が出て来て、新たな動きがあるんじゃないかと。
で、この問題の影響を受けて、ただでさえ坂道シリーズの勢いに押されているAKBグループ全体の弱体化が、ますます進むんじゃないかなと。
もう実質的にNGTは詰んでいるようにしか見えないので、トカゲの尻尾切りで他のグループを守るってことも考えなきゃマズいんじゃないかなと。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2019/04/14 00:40】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

「声優アーティスト」という気持ち悪い呼び方。

当分の間、日大の危機管理学部は「日大の危機管理学部(笑)」になるだろうと思う古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『バニラ・スカイ』、『SFレーザーブラスト』、『フレッシュ・ゴードン/SPACE WARS』、『スペーストラベラーズ』、『手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-』、『LOVE まさお君が行く!』など15本です。

さて今回はタイトルにも書いた通り、「声優アーティスト」という呼称について少し。
いつ頃からは分かりませんが、歌手活動もしている声優のことを「声優アーティスト」と呼ぶようになりましたね。
たぶん代表的なのは水樹奈々さんで、他にも数えればキリが無いぐらい大勢の人が「声優アーティスト」として活動しています。

NHKでも普通に使っているので、もはや一般的な呼び方という捉え方なんでしょう。
実際、「声優アーティスト」と呼ばれている人々も、それを普通に受け入れているみたいですしね。
でも個人的には、どうにも馴染めないんですよね。

そんな呼び方が広まるより随分と前から、歌手活動もしている声優ってのは何人もいたわけで。
その頃は、そういう面々のことを単純に「声優」と呼んでいたはずです。
なので、歌手活動をしていることを強調したい場合でも、「声優兼歌手」とか「声優で歌手の」という紹介でいいんじゃないかと。

冷静に考えてほしいんですけど、「声優アーティスト」って言葉として変でしょ。
それって「俳優アーティスト」って言うのと同じですよ。
例えば菅田将暉は俳優活動も歌手活動もしていますけど、彼のことを「俳優アーティスト」とは呼ばないでしょ。
あくまでも「俳優」、もしくは「俳優で歌手」という紹介になるでしょ。

「お前は声優アーティストを侮辱しているのか」とお怒りの人がいるかもしれませんけど、それは違いますよ。
なぜ声優だけは「アーティスト」と後ろに付けるのかと、呼び方に違和感を覚えているってだけでね。
それって、なんか声優という職業を軽視しているように思えるんですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2018/05/26 21:59】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

松居一代劇場には飽きました。

しばらく沈静化していた眼精疲労が酷くなってきた古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『トランスフォーマー/ロストエイジ』、『キングコング』、『ザ・リング2』、『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』、『僕等がいた』(前篇&後篇)など13本です。

ところで、ここ最近は松居一代さんがYouTubeの投稿動画やブログで様々な発言を繰り返し、ワイドショーや週刊誌が積極的に取り上げていますね。
まあ久々の美味しいネタなので、芸能マスコミとしては出来るだけ長く引っ張りたいという思いもあるんでしょう。
ただ、タイトルにも書いたように、個人的には飽きました。
っていうか最初の動画がアップされた3日後ぐらいには、もう飽きていました。

早々と飽きてしまった理由は簡単で、「同じことの繰り返し」に過ぎないからです。
そりゃあ松居さんは次から次へと新しい情報を発信していますし、それなりに変化を付けようとする動きは見えます。
でもザックリと言っちゃえば、「危ない人の妄想垂れ流し」が延々と続いているだけですからね。

最初の衝撃は確かにありましたけど、そこがピークなんですよね。
つまり、ほぼ「出オチ」に近い状態になっているわけで。
だから松居一代劇場は、ドラマとしては大して面白くないです。
あと、松居さんの演技は大根ですしね。
以前は女優活動もしていたはずなんですけど、ブランクが長かったのか、そもそも大根だったのか。

とは言え、話題性は充分にあるので、松居さんを主演に起用したエクスプロイテーション映画でも、誰か作ってみたらどうですかね。
低予算で製作して今年の内に上映できれば、それなりに稼げる可能性もあるんじゃないですかね。
まあ下手をすると、「裏切り者」として松居さんの攻撃対象になるリスクはありますけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2017/07/23 22:39】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 08 | 2019/09 | 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2019年09月 (1)
  • 2019年08月 (2)
  • 2019年07月 (4)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (2)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (1)
  • 2019年02月 (1)
  • 2019年01月 (1)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (1)
  • 2018年05月 (1)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年03月 (2)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH