ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

確かに容疑者ではあるのだが。

ダンソンのポイントは、ダンソンよりもニーブラにあると思っている古川土竜です。
『映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』、『少年マイロの火星冒険記 3D』、『ブラザーズ・グリム』、『鉄人28号』、『殯(もがり)の森』など13本です。

今回は、以前から気になっていた、ある呼び方について少し。
人が犯罪を起こした場合、マスコミは「**容疑者」という呼称を使います。
犯罪の種類に関わらず、起訴されて「被告」に変化するまでの間、その人は「容疑者」となります。
例えばポンコツ太郎という男が犯罪行為に手を出したら、新聞には「ポンコツ太郎容疑者」と表記されることになるわけです。

仮に、その人が車を運転していて交通事故を起こし、誰かをはねて死なせてしまったとしましょう。
もちろん、その人も「容疑者」になります。
交通事故と一括りに言っても、様々なパターンがあります。
でも、どんなパターンであっても、その人は「容疑者」です。

酔っ払い運転で人をはねるケースもあるでしょう。
余所見をしていて前方をちゃんと確認していなかったケースもあるでしょう。
アクセルとブレーキを間違えてしまったというケースもあるでしょう。
急に誰かが飛び出してきて、慌ててブレーキを掛けたが間に合わなかったというケースもあるでしょう。

それら全てにおいて、運転していた人は「容疑者」です。
そして「容疑者」という呼称が付いた時点で、我々は何となく「罪を犯した悪い人間」という印象を抱いてしまいます。
酔っ払い運転で人を死なせたら、もちろん「罪を犯した悪い人間」というイメージが付いても仕方が無いでしょう。
しかし、「急に飛び出した人をひいてしまった」という場合、そのイメージが付いてしまうのは、ちょっと可哀想な気もするのです。

その「容疑者」に関して、ちょっと妄想を膨らませてみましょう。
33歳のサラリーマンで結婚5年目、8ヶ月前に男児が誕生したばかりでした。
奥さんとは今でも新婚当時のように仲が良く、近所付き合いにも積極的で、明るくて親切だと評判の男でした。
その日は奥さんの誕生日で、プレゼントを買って帰路に就いていました。
彼は法定速度を守って車を走らせていましたが、自転車の若者が脇道から猛スピードで急に飛び出してきました。
男は慌ててブレーキを掛けたが、間に合いませんでした。

これでも、その男は「若者を車ではねて死なせた容疑者」という扱いになるんですよね。
そして、上に書いたような詳しい事情は、まず間違いなく新聞やテレビのニュースでは報じられないわけです。
だから我々は、どうしても「容疑者」イコール「罪を犯した悪い人」というイメージの部分だけを感じ取ってしまうわけです。
なんかねえ、そういうのって可哀想だなあと。

ただし、だったらどうすりゃいいのかと問われても、私は何の答えも持ち合わせちゃいません。
「ちょっと腑に落ちない部分もあるなあ」と思っているだけです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2015/05/16 23:04】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

ソフトバンクのロボット「ペッパー」から漂うコレジャナイ感。

W杯応援ソングが色々と発売されていますが、W杯で盛り上がろうとする時に、そういう曲を聴く人は少ないんじゃないかと思う古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ハングリー・ラビット』、『ブラザー・ベア』、『交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦』、『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』、『築地魚河岸三代目』など13本です。

さて、今回は今月の5日に発表されたソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー(Pepper)」について。
ペッパーは感情認識機能を持つ世界初のヒト型ロボットで、人間の表情や声から感情を読み取り、それに応じた反応を示すようになっているそうで。
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が委託生産を請け負っており、一台19万8千円で発売されるそうで。
ソフトバンクの孫正義社長は発表会で、「この日が100年後、200年後、300年後に、コンピュータがあの日から変わったと言われる歴史的な日になる」と自信を見せていたようで。

どれぐらいペッパーが売れるのかは分かりませんが、個人的には全く魅力を感じないロボットでしたね。
何しろ、最初にペッパーを見た時に感じたのは、「コレジャナイ感に満ち溢れているなあ」ってことですから。

まず、二足歩行型ではなくタイヤで移動するという時点で、大きなマイナス査定。
もちろん、感情を認識するには、二足で歩く必要はありません。
ただ、今やヒト型ロボットと言えば二足歩行が当たり前という時代なので、そこに二足歩行しないタイプのロボットを投入している時点で、そのセンスはどうなのかと感じます。

二足歩行しないのなら、もはやヒト型じゃなくていいんじゃないかと。
感情を認識する架空の生き物とか、そういうキャラクターでもいいんじゃないかと。

孫社長の説明によると、二足歩行だとバッテリーが長く持たないので、12時間連続稼働を実現するためにタイヤ移動型にしたそうで。
でも、1時間ごとにバッテリーを充電しなきゃならないとしても、二足歩行の魅力ってのは大きいと思うんですけどね。
そもそも、感情認識ロボットを12時間連続で稼働させる必要性があるのかという気もしますし。

しかし二足歩行しないことよりも、もっと大きな欠点がペッパーには備わっています。
それは、「可愛くない」ってことです。
顔が悪いんですよ、ペッパーは。
そこに感情が全く見えない。

ロボットの表情が変わらないのは、別にいいんですよ。
そこまでの機能を求めているわけじゃありません。
ただ、顔のデザインに、致命的と言っていいぐらい愛嬌が無いんですよ。
感情認識ロボットなのに、無感情にしか見えないデザインにしているってのは、どういうセンスなのかと。
あと、体のフォルムもイマイチだし。

ヒト型ロボットの第一人者と言えば、ロボットクリエイターの高橋智隆さんが思い浮かびます。
その高橋さんが作っているロボットは、キロボにしろ、ロビにしろ、エボルタにしろ、みんな見た目が可愛いんですよ。
表情は変わりませんが、顔のデザインが可愛いから、まるで感情を持っているかのように見える。
可愛いから、積極的に話し掛けたくなるし、動かしたくなるんです。

ヒト型ロボットにとって「容姿」の部分は、ものすごく大きな意味を持っている要素なんですよ。
機能と同じか、ひょっとすると、それより重要かもしれないぐらいに。
そこの部分で、ペッパーはコレジャナイ感が強烈に漂って来るんですよ。
まあ、いかにもソフトバンクらしいと言えば、ソフトバンクらしいですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2014/06/14 22:36】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

『美味しんぼ』問題が騒がしすぎる。

最近は東京パフォーマンスドールが何となく気になっている古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『エクソシスト ビギニング』、『バトルシップ』、『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』、『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』、『BECK』など13本です。

さて、今回は大きな騒動になっている『美味しんぼ』問題について少し。
福島第1原発を訪れた主人公たちが鼻血を出すなどの描写を巡って批判が高まり、マスコミも大きく取り上げ、国会議員までコメントするほど問題が大きくなっていますね。
当然のことながら、原作を担当している雁屋哲先生が批判の対象になっているわけですが、「過剰に騒いでいるなあ」ってのが、個人的な感想です。
もっと言っちゃえば、「バカバカしい騒ぎだなあ」と。
これまでの『美味しんぼ』や、雁屋哲先生が原作を担当した漫画を読んでいれば、「あの先生らしいなあ」ってことで軽く済んでしまう問題だと思うんですよね。
「だって、雁屋哲先生だもの」ってことで終わりですよ。

政治的な問題として漫画が批判され、大きな騒ぎになったと言えば、かつて本宮ひろ志先生が『国が燃える』で南京大虐殺を取り上げた時の騒動が連想されます。
あの時も、右翼団体や保守系の政治家たちが激しく抗議し、大きな騒動に発展しました。
しかし、本宮ひろ志先生がイラクのフセイン大統領を「優れた人格者」として描写するような人だと知っている読者からすれば、「だって、本宮ひろ志先生だもの」で済んでしまうことなんですよね。
今回の騒動も、それと似たようなモンです。

これほどの大騒ぎにならなかったら、該当する回だけ『美味しんぼ』を読む人なんて、滅多にいないはずです。
で、ずっと『美味しんぼ』を読み続けている人からすれば、「いかにも雁屋哲先生らしい内容だなあ」ってことでオシマイでしょ。
その描写を見て「福島は危険だ」と殊更に反応する人は、たぶん漫画を読まなくても「福島は危険だ」と思っている人ですよ。
むしろ、マスコミが政治家が騒ぎを大きくしたことで、風評被害に繋がるんじゃないかという気がするんですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2014/05/17 22:38】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

大津市のいじめ自殺について、少し引っ掛かっていること。

AKB48は好きだけど、AKB商法は吐き気がするぐらい大嫌いな古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『エアベンダー』、『NEXT -ネクスト-』、『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、『西遊記』など13本です。

さて、今回の本題へ移りましょう。
ここ最近、滋賀県大津市の皇子山中学校に通う中学2年生が昨年10月に自殺した事件に関連して、教師や学校、教育委員会などが厳しく糾弾されていますね。
いじめを知りながら、見て見ぬフリをした教師。
自殺の件について口外しないよう、生徒に口止めしていた学校。
生徒が自殺の練習を強要されていたというアンケート結果を公表せず、いじめと自殺の因果関係を否定した市教育委員会。
マスコミも、ワイドショーのコメンテーターも、声を揃えて批判していますね。

でも、教師がいじめを見ても知らないフリをするのって、当然でしょ。
学校が自殺について口外しないよう口止めするのも当然でしょ。
教育委員会がいじめと自殺の因果関係を否定するのも当然でしょ。
それって、大津市や皇子山中だけじゃなくて、大抵の教師や学校や教育委員会は、そういうモンでしょ。

とは言え、もちろん批判したくなる気持ちは分かります。
だけど、少しだけ引っ掛かるところがあるんですよね。
何に引っ掛かるかというと、今回の一件で教師や学校や教育委員会を激しく批判する人の中には、何か期待していた人も多いんじゃないかってことです。
つまり、もっと生徒の身になってくれたり、問題が起きたら真剣に調査してくれたり、そういうモノだと期待していて、その期待を裏切られたから批判しているんじゃないかという気がするんですよね。

でも、教師や学校って、そんなに立派なモンじゃないでしょ。
基本的に、教師ってのはクソみたいな連中で、学校や教育委員会ってのはゴミ溜めみたいな組織ですよ。
だから、今回の事件に対する教師や学校の対応は、別に珍しくも何ともなくて、言ってみりゃ「良くある日常の風景」なんですよね。

そりゃあ、世の中には生徒のことを真剣に考えてくれるような教師も存在します。
ただし、そういう教師は、ホントに珍しい存在です。
ですから、もしも貴方が学生で、そういう教師が担任だったとしたら、ものすごくラッキーだと思って下さい。
そして、その幸運に感謝して学校生活を送って下さい。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2012/07/14 22:50】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

「什の掟」に教育関係者が注目。

学校でのイジメ問題が世間を騒がせていますが、そんな中で江戸時代に作られた“什の掟”が教育関係者の注目を集めているそうで。
“什の掟”とは、会津藩で幼年期の子供達に訓示されていたルールのことです。

記事によると、全国の教育関係者から問い合わせが相次いでいるそうですから、学校教育に取り入れるつもりなんでしょうね。
それは素晴らしいことだと思います。
もしも私が教師なら、是非とも生徒達に“什の掟”を叩き込みたいと思うでしょうね。

“什の掟”の中には、「うそを言うてはなりませぬ」とか「弱い者をいじめてはなりませぬ」という文言があります。
でも、そんなの、どうでもいいんです。
一番のポイントは、「年長者の言うことに背いてはなりませぬ」という文言ですよ。
私が教師なら、これを生徒達に徹底的に叩き込みますね。
だって、「年長者の言うことには逆らうな」というルールですよ。
例えば教師が可愛い女子生徒にセクハラしても、相手は素直に受け入れなきゃいけないってことですよ。
例えば教師が気に食わない男子生徒をイジメまくっても、それはOKってことですよ。

いやあ、素晴らしい。
独裁政治も夢じゃありません。
もしも“什の掟”が全国の学校に広まったら、今からでも私は教師を目指します。

なお、「お前の考えは間違っているぞ」というマジな批判は受け付けません。
マジな批判なんて、してはなりませぬ。
ならぬことは、ならぬものです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH