ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

注目の若手バンド10選。

「どんだけヒラリー・クリントンは嫌われてるんだよ」と言いたくなった古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ウソツキは結婚のはじまり』、『ハングオーバー!!! 最後の反省会』、『最終絶叫計画』、『ALWAYS 三丁目の夕日'64』、『逆転裁判』など13本です。

さて、今回は音楽企画を。
これまでは楽曲別で「10選」企画をやっていましたが、「今回は注目の若手バンド」というテーマにしてみました。
なので楽曲の方は、あくまでも「そのバンドの1曲」ってことです。

雨のパレード:『Tokyo
・・・「創造集団」を名乗り、演奏者である4人以外のクリエイターも参加しているグループ

Awesome City Club:『Don't Think, Feel
・・・「架空の街のサウンドトラック」というコンセプトで楽曲を制作している5人組ポップ・バンド

Official髭男dism:『コーヒーとシロップ
・・・島根大学と松江高専の卒業生で結成された4人組ピアノ・ポップバンド

Goose house:『オトノナルホウへ→
・・・個々に活動しているミュージシャンが集まり、インターネットを中心に活動している音楽ユニット

Suchmos:『STAY TUNE
・・・ヒップホップやアシッド・ジャズなど、様々なジャンルの要素を取り込んでいる6人組グループ

SANABAGUN.:『人間
・・・ジャズの要素を取り込んだストリート系ヒップホップバンド

THE ORAL CIGARETTES:『狂乱 Hey Kids!!
・・・奈良県出身のメンバーで結成されたロックバンド

Bradio:『Flyers
・・・ブラックミュージックの影響を強く受けているロックバンド

フレデリック:『オドループ
・・・二卵性双生児の三原兄弟を中心に結成されたロックバンド

ヤバイTシャツ屋さん:『あつまれ!パーティーピーポー
・・・大阪芸術大学出身のメンバーで結成された男女ツインボーカルのスリーピースバンド

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2016/11/18 22:30】 音楽ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

応援ソング10選。

そこまで無理して27時間テレビを続ける意味があるのかなあと思っている古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『最凶赤ちゃん計画』、『レイズ・ザ・タイタニック』、『ショック・トリートメント』、『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』、『ハナミズキ』など13本です。

さて、今回は音楽企画を。
最初は夏をテーマにした企画にしようかと思ったんですけど、色んな流れがあって応援ソングになりました。
どんな流れでそうなったのかは、面倒なので書きませんけど。

ってなわけで、邦楽オンリーで10曲を選びました。
「応援ソング」と一言で言っても、様々な種類があります。
分かりやすく「頑張れ」という歌詞が入っている曲、優しく背中を押してくれそうな曲、落ち込んだ時に元気付けてくれそうな曲。
そこは狭義で限定せず、あらゆる方向性から「応援ソング」と呼べるんじゃないかと思った物を選びました。

ウルフルズ:『ええねん
・・・ベースのジョン・B・チョッパーの復帰第一作としてリリースされたシングル曲。

エレファントカシマシ:『俺たちの明日
・・・友人にエールを送る内容で、CMソングにも起用された。

河島英五:『どんまいどんまい
・・・2001年に48歳で永眠した彼が3度もシングルに収録している曲。

サンボマスター:『できっこないをやらなくちゃ
・・・日産セレナのTVコマーシャル用に書き下ろされた曲

SION:『がんばれがんばれ
・・・語り掛けるようなハスキー・ヴォイスが心に染み入る7thシングル。

湘南乃風:『黄金魂
・・・『睡蓮花』の次にリリースされたシングルで、初めてドラマのタイアップ曲になった。

Superfly:『タマシイレボリューション
・・・NHKがFIFAワールドカップの中継で使用し、他のサッカープログラムでもテーマソングになった。

THE BLUE HEARTS:『人にやさしく
甲本ヒロトがインディーズで組んでいたザ・コーツ時代に作った楽曲。

10FEET:『その向こうへ
・・・バンド最高となるオリコン8位を記録したシングル。

東京スカパラダイスオーケストラ:『Pride Of Lions
・・・KEMURIの伊藤ふみおをゲストヴォーカルに迎えた曲。

ちなみに『どんまいどんまい』は、それだけの音源が見つからなかったので、メドレーの2曲目になっています。
では、死ななかったら、また会いましょう。

【2016/07/16 22:34】 音楽ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

モータウン・サウンド10選。

仮に「いい子」だったとしても、不倫をした時点で「悪い子」になると思う古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』、『ズーランダー』、『ダーティ・キッズ/ぶきみくん』、『映画 怪物くん』、『MW-ムウ-』など13本です。

さて、今回は音楽企画を。
ベリー・ゴーディー・ジュニアが1959年に設立したMotown Recordsは1960年代から1970年代に掛けて、数々のヒット曲を誕生させました。
そのアレンジやハーモニーは「モータウン・サウンド」と呼ばれ、1つの潮流を作りました。
そんなモータウン・サウンドから、いつものように10曲を選びました。

現在でもレーベルとしてのモータウンは存続していますが、その音楽性は大きく変化しています。
ここでは、まだ本社がデトロイトにあった頃の、いわゆるコテコテのモータウン・サウンドに限定しました。

Edwin Starr:『War
・・・グラミー賞R&B部門の最優秀男性歌唱賞を受賞した、1970年の全米ナンバー1ヒット。

Four Tops:『I Can't Help Myself (Sugar Pie, Honey Bunch)』
・・・1965年にリリースされた全米ナンバー1ヒット。

The Jackson 5:『I Want You Back
・・・モータウンと契約して最初のシングル。メイン・ヴォーカルのマイケル・ジャクソンは当時10歳。

Martha and the Vandellas:『Dancing In The Street
・・・1964年に全米チャート2位となったグループの代表曲。

The Marvelettes:『Please Mr. Postman
・・・1961年発表のデビュー曲。モータウンで最初の全米ナンバー1ヒット。

Marvin Gaye & Tammi Terrell:『Ain't No Mountain High Enough
・・・わずか24歳で早逝したタミー・テレルが、マーヴィン・ゲイとデュエットした1967年のヒット曲。

Mary Wells:『My Guy
・・・モータウンが誕生させた最初の女性スターによる、1964年の全米ナンバー1ヒット。

Smokey Robinson & The Miracles:『Tears Of A Clown
・・・モータウンの大看板だったグループが1970年に放った全米ナンバー1ヒット。

The Supremes:『You Can't Hurry Love
・・・ダイアン・ロスが所属していた人気グループが1966年にリリースした大ヒット曲。

The Temptations:『My Girl
・・・1965年に全米チャート1位を獲得した大ヒット曲。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2016/02/14 00:21】 音楽ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

洋楽カバー・ソング10選。

2日連続で指に切り傷を負い、ちょっとゲンナリしている古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ミッシングID』、『エンジェル ウォーズ』、『プレデターズ』、『海猫』、『GANTZ』など13本です。

さて、今回は『アイドル・ソング10選(21世紀版)』以来となる音楽企画を。
たまたまPet Shop Boysの『Go West』を久々に聴いて、洋楽カバーの企画を思い付いたのです。

いつものように(と言ってもホントに久しぶりですが)、10曲を選びました。
あくまでも「洋楽から洋楽」のカバーのみで、日本語によるカバーは含みません。
で、その10曲に『Go West』は入っていなかったりするんですけどね。
幾つも選んでいる内に軽々と10曲を超えてしまい、外さざるを得なかったのですよ。

The Bangles:『Hazy Shade of Winter
・・・オリジナルはSimon & Garfunkelが1966年に発表したシングル『A Hazy Shade of Winter』。

Blondie:『The Tide Is High
・・・オリジナルはジャマイカのレゲエグループ、The Paragons。

Buffy Sainte-Marie:『The Circle Game
・・・オリジナルはJoni Mitchellのアルバム収録曲。カバー版は映画『いちご白書』オープニング曲。

The Clash:『I Fought The Law
・・・オリジナルはThe Cricketsで、The Bobby Fuller Fourもカバーしている。

Cyndi Lauper:『Girls Just Want to Have Fun
・・・彼女の最初のメジャーシングルにして大ヒット曲だが、実はRobert Hazardのカバー。

Deep Purple:『Hush
・・・オリジナルは1967年にBilly Joe Royalがリリースしたヒット曲。

Gloria Gaynor:『Never Can Say Goodbye
・・・Jackson 5のミディアム・バラードをディスコ・サウンドにアレンジ。

Manfred Mann:『Do Wah Diddy Diddy
・・・オリジナルは1963年にボーカルグループのthe Excitersがリリース。

Shaun Cassidy:『Da Doo Ron Ron
・・・オリジナルはThe Crystalsの6枚目のシングル。

Tiffany:『I Think We're Alone Now
・・・オリジナルはTommy James & The Shondellsによる1967年のヒット曲。

もちろん、まだまだ多くのカバーがあります。
例えばAmii Stewartの『Knock On Wood』とか、Carl Carltonの『Everlasting Love』とか、Vanilla Fudgeの『You Keep Me Hanging On』とか。
でも挙げて行くとキリが無いので、こんなトコで。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2015/10/17 00:20】 音楽ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

フリー・ジャズはジャズではない。

なかなか謝罪しなかった朝日新聞も、鬼の首を取ったかのような産経新聞や週刊誌も、目クソ鼻クソの違いにしか思えない古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『エディ・マーフィの 劇的1週間』、『メテオ』<1979年>、『監督・ばんざい!』、『座頭市 THE LAST』、『真夜中の弥次さん喜多さん』など13本です。

ところで私は常日頃、あらゆることに対して出来るだけ寛容でありたいと思っているんです。
でも精神的に未熟なので、どうしても譲れないことも、中には存在します。
その内の1つが、「フリー・ジャズをジャズとは認めない」ってことなんです。

ジャズには幾つかの分類があって、歴史の流れに沿ってザックリと3つに分けると「ディキシーランド・ジャズ(ニューオリンズ・ジャズ)」「スウィング・ジャズ」「モダン・ジャズ」ってことになります。
モダン・ジャズの中でも細かく分類すれば「ビバップ」「クール・ジャズ」「モード・ジャズ」など色々とあるんですが、それは置いておくとして。
で、そんなモダン・ジャズの中で、フリー・ジャズってのがあるわけです。

フリー・ジャズとは言葉の示す通り、フリーなジャズです。
コードもリズムも決めず、思うがままに演奏してもOKってことです。
とは言え、フリー・ジャズと銘打ちながらも、リズムだけは決まっているようなケースもあります。
そういうのは、まだジャズに含めてもいいとは思うんです。

でも、コードもリズムも無関係で即興演奏をやっているケースもあって、そういうのに対しては「もはやジャズの定義なんて要らないでしょ」と思うんですよ。
それは単なる「即興演奏」とか「前衛音楽」ってことでいいでしょ。
もしくはノイズ・ミュージックってことでもいいですし(むしろジャズよりはノイズ・ミュージックに近いでしょ)。

デューク・エリントンの曲名を借りるなら、ジャズってのはスウィングしなけりゃ意味が無いと私は思っているんです。
だから、メロディーやコードのみならずリズムも解体し、スウィングすることを全面的に否定したフリー・ジャズは、なんでジャズを名乗る必要があるのかと言いたくなるんですよ。
それなら、まだアシッド・ジャズなんかの方が、よっぽどジャズですよ。

そんなわけで私は、フリー・ジャズをジャズとは認めないんです。
そこだけは、妙に意固地になってしまうんです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2014/09/19 22:36】 音楽ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH