ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

第37回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果。

相変わらずの不安定な歌唱力も含めて、20年ぶりのMステ出演となったオザケンを楽しんだ古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ザ・コール [緊急通報指令室]』、『死霊の盆踊り』、『ピンク・フラミンゴ』、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』、『惑星大戦争 THE WAR IN SPACE』など13本です。

さて、第37回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果が発表されたので、今回はそれについて。
「今回の餌食はコレですよ」ってのが露骨だったので、『Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party』が強さを見せ付けましたね。
作品賞、主演男優賞、主演女優賞、監督賞と4部門を獲得しましたが、「まあ、そうだろうね」という結果です。

政治や宗教的な偏りがある作品が候補に入った時のラジー賞って、そこを標的にしようってのがバレバレなので、あまり面白味が無いんですよねえ。
第35回の『Kirk Cameron's Saving Christmas』もそうですけど、他の候補作と比べて明らかに浮いていますし。
ぶっちゃけ、今回だけ候補の数が1つ増えたのも、『Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party』を捻じ込むためじゃないかと邪推したくなりますし。
あと、この作品は、ほぼ間違いなく日本に入って来ないでしょうしね。

そういう意味では、実質的な勝利者は同じく4部門を制覇した『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と言ってもいいんじゃないですか。
マーベルのシネマティック・ユニバースに対抗してスタートさせた「DCエクステンディッド・ユニバース」シリーズですが、1作目の『マン・オブ・スティール』に続いての失敗作になりましたね。
3作目の『スーサイド・スクワッド』も酷評を浴びましたし、バットマンの単独映画もゴタゴタしているようですし、途中で打ち切りになる可能性もあるんじゃないかと。

あと、救済賞は前回で終了したのかと思ったら、なぜか候補者を挙げずに受賞者だけを発表する形で存続させたんですね。
今回はメル・ギブソンが受賞しましたけど、ラジー賞である意味が無いですし、ネタとしても面白くないですし、無くした方がいいと思うんですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2017/02/26 22:39】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

第37回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネート結果。

『安楽椅子探偵 ON STAGE』の答えがサッパリ分からなかった古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ローン・レンジャー』<2013年版>、『コーンヘッズ』、『DOA/デッド・オア・アライブ』、『愛と誠』<2012年>、『貞子3D』など13本です。

さて、第37回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネート結果が発表されました。
なので、今回はそれを受けての感想を。

まず注目すべきは、『Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party』ですかね。
福音派のクリスチャンで、保守派の政治評論家であるディネシュ・デスーザがヒラリー・クリントンを糾弾するために作った作品です。
こういう映画を取り上げる辺りは、いかにもラジー賞らしいなあと。

ナオミ・ワッツとシェイリーン・ウッドリーが『Divergent Series: Allegiant』で最低主演女優賞にノミネートされたのは、かなり意外でした。
これまで「ダイバージェント」シリーズは完全に無視していたのに、ここに来て急に取り上げるのかと。
『スーサイド・スクワッド』のウィル・スミスや『ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら』のアダム・サンドラーがノミネートされなかったのも、ちょっと意外でしたね。

ちなみに、前回のブログであれだけ多くの作品と俳優を挙げたのに、まるで当たりませんでしたね。
我らのニコラス・ケイジ先生にしても、列挙した作品じゃなくて『スノーデン』でのノミネートですし。
まあ今さら言うまでもありませんが、いかに私のセンスがボンクラかってことですな、にょほほほほ。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2017/01/24 22:43】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

第37回ゴールデン・ラズベリー賞のノミネート予想。

8年ぶりに復活する『安楽椅子探偵』が今から楽しみな古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ムービー43』、『ガーフィールド』、『スマーフ』、『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』、『プラトニック・セックス』など13本です。

さて今回は年末なので、誰も待っていないラジー賞のノミネート予想を。
まずはアメコミ映画から、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『スーサイド・スクワッド』、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』。
続編&リメイク作品は豊作で、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』、『スノーホワイト/氷の王国』、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』、『ズーランダー NO.2』、『ベン・ハー』、『ブレア・ウィッチ』、『ゴーストバスターズ』、『ネイバーズ2』、『Bad Santa 2』、『Mother's Day』、『Barbershop: The Next Cut』など、かなり多いんですよね。

他の作品では、アダム・サンドラー主演の『ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら』、アレックス・プロヤス監督の『キング・オブ・エジプト』、ケヴィン・ジェームズ主演の『なりすましアサシン』。
さらに、クロエ・グレース・モレッツ主演の『フィフス・ウェイブ』、ロバート・デ・ニーロ&ザック・エフロン共演の『Dirty Grandpa』、マーロン・ウェイアンズ主演のパロディー映画『Fifty Shades of Black』、さらには『高慢と偏見とゾンビ』や『Masterminds』といった辺り。

出演者に目を向けると、まず『ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら』のアダム・サンドラーや『ズーランダー NO.2』のベン・スティラー、『スーサイド・スクワッド』のウィル・スミス、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』のミーガン・フォックスはラジー賞に好かれているので、順当に入って来るかなと。
他に注目の俳優を挙げると、まずは我らのニコラス・ケイジ先生でしょう。
今年はラッセル・ブランドと共演した『Army of One』、イライジャ・ウッドと共演した『ダーティー・コップ』、さらには『パシフィック・ウォー』『Dog Eat Dog』と主演作が4本もあったので、期待できるんじゃないかと。
もう1人、やはりタイラー・ペリーにも注目すべきかなと。
今年はシリーズ作品『Boo! A Madea Halloween』で監督と主演を務めただけでなく、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』にも出演しているので、これは期待できるんじゃないかと。

他の面々では、まずは『Get a Job』で主演、『ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行』で助演したアナ・ケンドリック。
それ以外にも『Trolls』『The Hollars』『Mr. Right』『The Accountant』といった作品に出演した超売れっ子なので、目を付けられる可能性もあるんじゃないかと。

後は、男優だと『ズーランダー NO.2』『Masterminds』のオーウェン・ウィルソン、『ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行』『Dirty Grandpa』のザック・エフロン、『Keeping Up with the Joneses』『Masterminds』のザック・ガリフィナーキス、『Mother's Day』『Masterminds』『アングリーバード』のジェイソン・サダイキス。
女優だと、『フィフス・ウェイブ』『ネイバーズ2』『Brain on Fire』のクロエ・グレース・モレッツ、『ゴーストバスターズ』『The Boss』のメリッサ・マッカーシー、『ズーランダー NO.2』『ゴーストバスターズ』『Masterminds』のクリステン・ウィグ辺りは可能性があるかなと。

かなり多くの作品を挙げたので、確実に何本かはノミネートされるでしょう。
完全に「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という方式なので、もはや予想もへったくれもありゃしませんわな。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2016/12/17 22:25】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

いい芝居に巡り合う喜び。

雷が鳴ると不安で一杯になる古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『アフター・アース』、『ダークナイト』、『アントキノイノチ』、『怪獣大戦争』、『電人ザボーガー』など13本です。
『ダークナイト』に関しては、「これをポンコツ扱いするのは、さすがにマズいだろ」という変なバランス感覚が働いて、掲載を控えていました。
でも「そもそもテメエは歪んだ人間じゃねえか」という心の声が聞こえたので、やっぱり扱うことにしました。

ところで、私は「ポンコツ映画愛護協会」というコンテンツを作っていますし、普段から厳しい目で映画を観賞しています。
傑作だと感じる映画は少ないですし、二択であれば大半は駄作認定になります。
ただ、作品の出来栄えに関わらず、優れた芝居、魅力的な芝居に巡り合えることはあるわけで。
そういう時、私は喜びを感じるのです。

その場合、「最初から分かり切っていること」じゃないという条件が必要です。
例えば池脇千鶴さんは、どんな映画であろうと素晴らしい演技力を披露してくれることが、最初から分かり切っています。
もちろん、それはそれで素晴らしいんですけど、ここで言う「喜び」は、そういうことではありません。
「予想外の発見」としての「いい芝居」に出会えると、そこに喜びがあるのです。

例えば、『ツナグ』の大野いとさん。
ハッキリ言って、女優デビュー作『高校デビュー』の彼女は、かなりドイヒーなことになっていました。
『愛と誠』の時も、やはり冴えない状態でした。
しかし『ツナグ』の彼女は、文句無しに素晴らしい演技を見せていました。

あるいは、『魔女の宅急便』の小芝風花さん。
正直なところ、『魔女の宅急便』の実写映画化を聞いた時点で完全に負け戦だろうと思いました。
そして主演の小芝風花さんについても、ジブリ映画と比較されるのは間違いないし、可哀想だなあと思いました。
しかし実際に映画を観賞すると、「この作品に見出せる数少ない光だ」と感じるほど、彼女は魅力的でした。

あるいは、『天然コケッコー』の本間るいさんと宮澤砂耶さん。
小学3年生のカッちゃんと1年生のさっちゃんを演じた子役ですが、「動物と子供には勝てない」という言葉を見事に体現していました。
たぶん全てが演技力ってことじゃなくて、素の部分もあったんでしょうけど、とにかく「可愛くてたまらん」という状態でした。
何気無いシーンに微笑ましさの魅力を感じさせてくれたのは、間違いなく、この2人でした。

こうやって並べてみると全て女優になっちゃいましたが、もちろん男優の芝居に喜びを感じることもありますよ。
ただし「ありますよ」と書いておきながら、具体的な名前はパッと思い付かないんですけどね。


では、死ななかったら、また会いましょう。

【2016/09/17 00:25】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

第36回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果発表。

昨日から立ちくらみが頻発して、ちょっと不安になっている古川土竜です。
第36回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果が発表されたので、それについて今回は少々の駄文を。

ラジー賞にとって格好の餌食という印象が強かった『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、やはり5部門を獲得する圧倒的な強さを見せましたね。
ぶっちゃけ、公開される前から、ラジー賞の標的として照準を定められていたんじゃないかという気がしないでもありません。
まあラジー賞の傾向を考えても、妥当な受賞と言っていいでしょう。

そんな風に強力な標的が定まっている中で、『ファンタスティック・フォー』が3部門を獲得したのは大健闘と言えるんじゃないでしょうか。
作品賞では『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』と同時受賞ですし、見事なモンですよ。
何がどう見事なのかと問われると、返答に困りますけど。

それにしても『ファンタスティック・フォー』って、ツキの無い作品ですねえ。
1994年に「映画化権が失われるのを避けるため」という理由で150万ドルという低予算の映画が作られたものの、劇場公開されないままお蔵入り。
2005年には『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』が公開されるが、酷評を浴びる。
何とか2作目まで粘るものの、さらに評価も興行収入も下がったので、ここでお陀仏。
で、このリブート版も、これまた酷評の嵐という始末。

ただし、波に乗りまくっている本家のマーベル・スタジオズが手掛けて、マーベル・シネマティック・ユニバースに組み込まれていたら、たぶんヒットしたんじゃないかと思うんですよねえ。
2005年と2007年の2作で失敗した20世紀フォックスも、たぶんマーベル・シネマティック・ユニバースの勢いに便乗しようと目論んだんでしょうけどね。
2017年には続編が予定されているらしいんですけど、1作目の大コケからすると、このまま消滅する可能性が高いんじゃないかと。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2016/02/28 22:45】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH