ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

リュック・ベッソン脚本の『WASABI』。

2012年の夏季オリンピック開催地に落選したパリは、誘致のためにリュック・ベッソン監督によるプロモーション・フィルムを製作していたらしいですね。
ロンドンのプロモーション・フィルムを製作したプロデューサーは、リュック・ベッソン監督が撮った映像を見て「観光ビデオのようで危なげない作りだった」とコメントしたそうで。

ああ、そりゃダメですね、ベッソン監督。
「危なげない作り」では、リュック・ベッソンの面白さは表現できません。
彼の面白さは、そのデタラメ極まりない脚本にあるのですよ。
ってなわけで、今回は彼が脚本を書いた映画『WASABI』を御紹介。

強引な捜査を繰り返すパリの刑事ユベールは、署長の息子を病院送りにしてしまい、上司のスクアールから謹慎処分を言い渡されます。
ユベールは、かつての恋人・小林ミコのことを忘れられずにいます。
19年前に諜報部員として日本で勤務していたユベールはミコと付き合っていたのですが、急に彼女は姿を消したのです。

ユベールは日本の弁護士イシバシからの連絡で、ミコが死亡したことを知らされます。
東京へ向かったユベールは、諜報部員時代の同僚モモと再会しました。
イシバシの弁護士事務所を訪れたユベールは、ミコと自分の間にユミという娘が生まれていることを知ります。

ユベールはイシバシから、遺書と鍵を渡されました。
遺書には、ユミが成人するまでユベールが後見人になるよう書かれていました。
ユミが成人するのは、2日後です。

ユベールは、父親だと名乗らず、ユミに会いました。
彼女は酒を飲んで警官を殴り、留置所から出て来たばかりでした。
ユミはミコから、父親は自分をレイプして妊娠させたと聞かされていました。

ユベールはユミと共に、ミコが火葬される斎場を訪れました。
ユミコの遺体を見たユベールは、ガンで死んだはずの彼女の顔に、青酸カリの結晶が付着しているのに気付きます。
さらにユベールは、ミコの爪の間に土が挟まっているのを発見しました。

葬儀を済ませたユベールは、ユミと共にミコの姉の元を訪れます。
ミコのカルテを調べた後、ユミと共に出掛けたユベールは、ユミの口座に200億円が入っているのを知ります。
それは、ユミも知らないことでした。
やがて2人は、タカナワ率いるヤクザ達に狙われるのです。

リュック・ベッソンが設立した製作会社“ヨーロッパ・コープ”の作品です。
さて、早速、この映画の素敵なシナリオをチェックしていきましょう。

ユベールは手荷物検査をしようとする税務署職員を殴りますが、何の御咎めもありません。
モモはユベールの来日を知っていましたが、その理由は「元諜報部員だから」という説明になっていない説明で処理されます。
で、秋葉原なのに「新宿だ」と主張する場所に行きます。

弁護士事務所は、障子戸になっています。
そこで、ミコが19年間も連絡さえ取っていない男に娘の後見人を頼むという、ヘンテコな考えの持ち主だと分かります。
さらに彼女、娘に対して、「私は強姦されてアンタを生んだのよ」と教えています。スゴい母親です。

ところで、19年前にミコと別れたユベールが、20歳になる娘の存在を知らないというのは、ちょっと計算が合わないと思うんですけどね。
どこかで時間軸がズレちゃったんでしょうか。
あと、ミコが200億円もどうやって手に入れたのかも、良く分かりません。

ユベールが出会う日本人は、みんなフランス語が堪能です。
一方で、ずっと日本にいるはずのモモは、ほとんど日本語を話せません。

百貨店で客とヤクザが争っているのに、警備員は駆け付けず、警察も現れません。
ゲームセンターでも銃を発砲して何人も死んでるのに、警察は動きません。
そのくせ、最後だけは警察が駆け付けます。

さて、ミコの娘なので、ユミもアッパラパーです。
2日前に母親を亡くしたのに、ニコニコ笑って友達と喋ってます。
ムリに明るく装っているのではなく、心底から陽気なのです。
母親の火葬シーンでも、この娘はハデハデなファッションに身を包んでいるアーパーです。

ユベールの「医者だから」というウソを聞いたユミは、「私の鼻を整形してよ」と陽気に話します。
それ、母親の遺体の前でのシーンです。
たまに泣くことはあっても、すぐに脳天気モードになって楽しく遊び回ります。
どうやら、オツムが不憫な娘のようです。

死化粧された後のミコの死体には、結晶が付着したままになっています。
ってことは、それまで誰も気付かなかったということでしょう。
そして、医者は青酸カリの中毒死と癌を間違えたということになります。
つまり、日本人はバカばっかりということになりますね。

ユベールは「医者だから」とウソをついて、死体から結晶を勝手に回収します。
ミコの遺灰は、無断で東京湾に撒かれます。
許可を得たとしても、沖合いに出た場所に行かなきゃならないはずですが、港から撒いています。
で、遺体を焼いた後なのに、なぜか霊柩車が待っています。

ヤクザから呼び出されたユベールは、危険な場所のはずなのに、なぜか娘を連れて行きます。
よっぽど離れたくないんでしょうか。
それにしては、ヤクザにユミが連れて行かれた時、全く助けようとしなかったんですけどね。
こいつもユミと同じく、オツムが不憫なんでしょう。

娘が連れ去られたユベール、モモと一緒に居酒屋へ飲みに行きます。
ノンビリしたオヤジですね。
で、注文したわけでもないのに、ワサビの大盛が運ばれてきます。
どんな店ですか、それは。

で、ミコがヤクザ組織に潜入捜査をしていたと分かるのですが、日本に潜入捜査は無かったような。
あったとしても、ヤクザへの潜入捜査に使うなら、女より男を選ぶでしょうし。

さて、ユベールは京都に行くのですが、明日の朝10時にはユミが20歳になって口座凍結が終わるので、それまでに東京に戻らねばなりません。
京都に到着したのは、タイムリミットの朝。
そこから清水寺に行き、用事を済ませて東京に戻ると、どう考えても10時には間に合わないのです。
でも、間に合ってるんです。
東洋の神秘でしょうか。

銀行を訪れたタカナワは、受付の人間にフランス語で話し掛けます。
ちなみにタカナワ、日本人です。
それに対応するのは、受付係に化けたモモ。
日本の銀行でフランス人が受付をしているのに、タカナワは全く疑いません。
こいつもオツムが不憫なんでしょう。

そんな感じで、とにかくツッコミを入れ始めるとキリが無いのです。
特に日本人にとって気になるのは、やはり日本に関する描写でしょう。
しかし、それらのヘンテコな描写は、全て「笑いとしてワザとやっている」と考えれば、いちいち腹を立てる必要も無いでしょう。

この映画は、何もかもがデタラメです。
しかし、だからといって「デタラメじゃないか」と文句を言っても、製作サイドに奇妙な顔をされてしまうだけでしょう。
「最初からデタラメな映画として作っているんだから、当然じゃないか」ということなのです、たぶん。
まあ、そういう映画なのです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト

オリヴァー・ストーン監督の『JFK』。

オリヴァー・ストーン監督が、2001年9月11日の米中枢同時テロを題材にした映画を撮るそうで。
パラマウント・ピクチャーズの制作で、ニコラス・ケイジが主演するそうで。

オリヴァー・ストーン監督は社会派と称されることの多い人ですが、個人的には「社会派と見せ掛けて、実は商魂たくましいエンターテインメントの人」だと思っています。
ってなわけで、今回はオリヴァー・ストーン監督作品『JFK』を御紹介。

1963年11月22日、テキサス州ダラスでジョン・F・ケネディー大統領の暗殺事件が発生します
やがて犯人として、リー・ハーヴェイ・オズワルドが逮捕されました。
しかしケネディー支持者を自称するジャック・ルビーが、警察やマスコミの前でオズワルドを殺害します。

新しく就任したジョンソン大統領の下、アール=ウォーレン最高裁長官を委員長とするウォーレン委員会が、ケネディー暗殺事件の調査を担当することになりました。
委員会はオズワルドの単独犯行だと断定し、報告書を議会に提出します。

ニューオーリンズの地方検事ジム・ギャリソンは、上院議員のロングから報告書への疑問を告げられました。
調査を開始したジムは、報告書の内容と異なる多くの証言を得ます。
やがてジムは、事件の裏に大物実業家クレイ・ショーが暗躍していると確信するのです。

ニューオリンズの地方検事ジム・ギャリソンの著書『JFK/ケネディ暗殺犯を追え』と、ダラスの新聞記者ジム・マースの著書『クロスファイヤ』を基に、オリヴァー・ストーン監督がジョン・F・ケネディ(JFK)大統領暗殺事件の謎に迫った作品です。
冒頭から、ケネディーに関する実際のフィルムを使用し、歴史に残っている事実を描写しています。
ケネディー暗殺のシーンから始めても一向に構わないのに、それまでのケネディーの政治家人生をダイジェストで描きます。
それは、陰謀の始まりなのです。
いえ、暗殺事件の陰謀ではなく、オリヴァー・ストーン監督の陰謀の始まりです。

実際のニュース映像を映し出しながら、そこに「置き去りにされた女がケネディー暗殺を企む連中の存在をほのめかす」というフィクションを挿入することで、観客を上手く“オリヴァー・ストーンの世界”へ誘い込むのです。
そこにストーン監督の陰謀があるのです。

「暗殺事件が軍産複合体やFBI、CIA、警察などがグルになった巨大組織によるクーデターだった」と断定するだけの決定的な証拠は、この映画には見当たりません。
ジムの独り善がりな思い込みから始まった、あくまでも彼の推論に過ぎないのです。

しかし、したたかなオリヴァー・ストーンは、推論を事実であるかのように見せ掛けます。
「ドキュメンタリーとしてのリアリティーを持ち込む」というフィクションを利用して、まるでフィクションの形を取ったドキュメンタリーであるかのように観客を錯覚させてしまうのです。

ドキュメンタリーっぽく見せることで、まるで本当に隠された真実が描かれているかのように思わせてしまうのです。
冷静に考えるとフィクションだらけなのですが、たっぷりのセリフを盛り込んで中身をギッシリと詰め込むことによって、冷静な判断を行うだけの余裕を与えません。

オリヴァー・ストーン監督は真実を明らかにするために、事実だけを描こうとしているわけではないのです。
彼は巧みに計算し、娯楽性を考えて、これを「ドキュメンタリー・タッチの皮を被った、社会派のエンターテインメント・フィルム」として飾り付けているのです。

ケネディー暗殺をオズワルド単独の犯行だと断定した陰謀(?)よりも、オリヴァー・ストーンの陰謀の方が遥かに上手を行っています。
オズワルド単独の犯行説よりは、この映画で描かれる“真相っぽい内容”の方が、説得力があるかもしれません。
まあ、そういう映画なのです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

トム・クルーズの『トップガン』。

明日の日テレ系『金曜ロードショー』で、映画『トップガン』がデジタルリマスター版で放送されますね。
かなり古い映画を今の時期に放映するのは、たぶんトム・クルーズが主演した映画『宇宙戦争』の宣伝と関係しているんでしょう。
決してトム・クルーズの婚約記念というわけではないと思います。
「精神医学はインチキ」発言など、色んな意味でトムが旬の人なので放映する、というわけでもないと思います。
先週にフジテレビ系で放送された『海猿』へのイヤミを込めて、というわけでもないと思います。
ともあれ、今回は『トップガン』を御紹介。

トム・クルーズは友人アンソニー・エドワーズと共に、世界最高のエリートパイロットを要請する訓練学校に入学します。
そこでトムは教官ケリー・マクギリスに出会い、すぐに親密な関係になります。

自分の能力に自信を持つトムは、トップの成績で卒業することを確信していました。
彼は訓練で自分勝手な行動を取り、教官のトム・スケリット達から注意されます。
ライバルのヴァル・キルマーは、「仲間のことを考えていない」とトムを非難します。
それでも、トムは無謀な飛行をやめようとしませんでした。

ある日、訓練中に飛行機のエンジンが停止します。
トムとアンソニーは、制御不能となった機体から脱出しました。
しかしアンソニーは脱出の際にキャノピーに激突し、死んでしまいます。

トムは自分のせいでアンソニーを死なせたと思い悩み、退学を考えます。
しかし彼はスケリットに励まされ、卒業式に出席しました。
そこへ緊急事態が発生したと連絡が入り、訓練生は実戦に挑むことになるのです。

とにかく、「まず音楽と映像ありき」です。
“MTV感覚”という表現が、ピッタリとハマる作品です。

最初に音楽があって、それに合う映像をくっ付けたという感じでしょうか。
いや、あるいは最初に戦闘機の映像があって、それに合う音楽をくっ付けたという感じかもしれません。

まあ音楽と映像、どちらが先にせよ、その2つだけが大事だということです。
ストーリーなんて、どうだって構わないということです。
例えば恋愛模様や、熱い友情や、若者の成長といった、物語を形成するための要素なんかは、どうでもいいということです。

音楽と映像の心地良さに観客を浸らせるために、この作品は出来る限り思考能力を低下させるように巧妙に作られています。
だから、1つ1つのエピソードとか、ストーリーとか、そういうのはペラペラにしてあるのです。
なぜなら、物語に入り込まれると困るからです。

ストーリーが薄いので、例えばアンソニー・エドワーズが死ぬという悲劇のシーンが訪れても、見事なぐらいに何も感じないわけです。
主人公の心の葛藤が描かれているようですが、やっぱり何も感じません。
それでいいのです。
何しろ、これは音楽と映像のマッチングを楽しむ作品なので、厚くて深いドラマなんて邪魔なだけです。

これは、アカデミー賞で主題歌賞を受賞したベルリンの『愛は吐息のように』や、ケニー・ロギンスのヒット曲『デンジャー・ゾーン』を聞きながら、ミュージックビデオを見るような感覚で観賞すべきフィルムなのです。
結果的に「なんか戦闘機のパイロットってカッコイイじゃん」と思わせたら、それだけで大成功なのです。
まあ、そういう映画なのです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

1966年版の映画『バットマン』。

映画『バットマン・ビギンズ』が、先週末の全米興行収入で初登場首位を獲得したそうで。
ワーナー・ブラザースは、続編の製作も検討しているそうで。

『バットマン』といえば、ティム・バートンが監督した1989年版と、それに続くシリーズが有名ですね。
しかし、それ以前にも何度か映画化されているんですよね。
それから、アダム・ウエストが主演したTVシリーズもあります。
そんなわけで、今回はTVシリーズの劇場版として製作された1966年版の『バットマン』を御紹介。

ゴッサムシティに暮らす億万長者ウェイン・ブルースは相棒ディック・グレイソンとドライブ中、警察からの連絡を受けて大邸宅へと戻りました。
ビッグベン社の社長シュミドラップの発明品を狙う悪党が、シージャックを企んでいるというのです。

ウェインとディックはバットマンとロビンに変身し、海へと向かいました。
しかし船は目の前で消滅し、バットマンは鮫に襲われます。
バットマンが鮫を振り落とすと、鮫は爆発しました。

バットマンとロビンは、警察のゴードン総監とオハラ署長から、手配中の危険人物の情報を得ます。
最も危険とされている4人は、キャットウーマン、ジョーカー、ペンギン、リドラーです。
バットマンは、その4人が手を組んでいるのではないかと推測します。

バットマンとロビンは調査のため、再び海へと向かいました。
2人は潜水艦で待ち構えていたジョーカー達に魚雷で狙われ、何とか脱出します。
キャットウーマン達は、バットマンを誘い出すために金持ちを誘拐しようと考え、ターゲットにウェインを選びます。

キャットウーマンはロシアの記者キトカとなって、ウェインに接触しました。
ウェインはキトカから、リドラーのなぞなぞが届けられたと聞かされます。
なぞなぞを解いたウェインは、キトカが命を狙われていると考えます。
ウェインはキトカに夢中になってしまい、ジョーカー達に誘拐されたものの、監禁されたアジトからの脱出に成功しました。

ペンギンは、シュミドラップの発明品である水分吸収装置を使い、手下を粉末に変えました。
そしてシュミドラップに変装し、バットマンとロビンに接触します。
バットマン達は、相手がペンギンだと気付き、正体を暴くために秘密基地に連れて行きます。
ペンギンは粉末に水を掛けて手下を元に戻そうとしますが、使った水が重水だったため、失敗に終わります。

キャットウーマン達は、各国首脳が集まる安全保障会議を狙っていました。
リドラーのなぞなぞを解いたバットマンとロビンは、会議が開かれる世界連邦ビルへと向かいます。
キャットウーマン達は各国首脳を粉末にして誘拐し、バットマンとロビンが後を追うのです。

ティム・バートン監督の『バットマン』は、ダークな世界観のヒーロー映画でした。
しかし、この映画はノーテンキで、ダークのダの字もございません。
バットマンとロビンは、全身タイツに毛の生えたようなコスチュームで、愉快に活躍します。
ヒーロー・コメディーと言った方がいいかもしれません。

とにかく、出てくる連中は揃ってバカ。
昔の日本語吹き替え版だと、そのバカバカしいテイストが、さらにアップします。
リドラーは「ナゾラー」で、バット・ラダーは「バット梯子」と訳されています。
妙な翻訳ですが、そっちの方が合っている気もしたりして。

さて、バットコプターで海に向かったバットマン、ヘリを自動操縦した後、バット梯子で降下します。
操縦席のロビンは、船に近づくように高度を変更。
あのねえバットマン、操縦席にロビンが残るのなら、自動操縦にした意味が無いような気がするんですけど。

梯子で海に足を突っ込んだバットマン、足を上げるとサメが食い付いています。
もちろん、作り物なのはバレバレ。
ヘリには都合良く、サメ退治用スプレーが置いてあります。
他にクジラ用やバラクーダ用のスプレーもありますが、違いは何なのか分かりません。
というか、用途が狭すぎるでしょ。
例えばシャチに襲われたら、どうするつもりなのかと。

バットマン&ロビンにゴードン総監とオハラ署長は、4人の危険人物の内の誰が犯人なのかを考えます。
「サメは魚だから、犯人はペンギンか」「いや、魚と言えば猫だから、キャットウーマンかも」「サメが爆発したのは手品のようだから、ジョーカーだ」「まるで謎だらけの事件だから、リドラーでは」などと、みんなでマジに相談します。

海で潜水艦の魚雷に狙われたバットマンとロビン、エネルギー逆転装置で攻撃を防ぐものの、途中でバッテリーが上がってしまいます。
いやいや、ちゃんと充電しておきなさいよ。
でも、そんなピンチからは、たまたまイルカが魚雷に突っ込んでくれたおかげで脱出に成功。
おいおい、アンタらヒーローでしょうに。
そんなラッキーに頼らず、自力で脱出すべきじゃないのかと。

キトカに化けたキャットウーマンの誘惑を受けたウェインは、すぐにコロッとイカれてしまいます。
「アパートに行ってもいいか」と、スケベ根性丸出しです。
で、口説きモードに入っていたら、ジョーカー達にボコボコにされて誘拐されるという情けなさ。
でも、キャットウーマン達も情けないので、せっかく捕まえたウェインに、あっさりと逃げられるんですけど。

悪党のアジトに潜入したバットマン、仕掛けられていた爆弾を見つけます。
人のいない場所に爆弾を捨てようとするものの、行く所には必ず人が現れてしまい、右往左往するバットマン。
爆弾を掲げたままバタバタと走る様子は、見事にカッコ悪いです。

バットマンの秘密基地にある機械には、それぞれプレートがあって、そこに機械の名前が書いてあります。
で、なぜか飲料水の機械まで置いてあります。
で、ペンギンの変装を見破ったバットマンは「正体を暴くため」と言って、秘密基地へ連れて来ます。
わざわざ敵を秘密基地に案内してどうするんでしょうか。
アンタのオツムは空っぽなのかと。

バットマンとロビンはバットコプターで世界連邦ビルへ向かう途中、墜落してしまいます。
でも、都合良くマット売り場に落ちたので助かります。
そしてバットマン、「今日は渋滞だ」という理由で車は使わず、「足には自信がある」と言って、なんと走って世界連邦ビルへ向かいます。

バットマンとロビンは粉末にされた各国首脳を助けますが、シュミドラップがつまづいて粉末の入った試験管を倒し、おまけにクシャミをしたので粉末が散らばって混ざってしまう始末。
困ったバットマンとロビン、遠心分離機で元に戻そうとします。
コスチュームの上から白衣を着てマスクをしたバットマンとロビンの姿は、なかなか滑稽です。

さて、分離した粉末に水を掛けて、各国首脳の姿は元に戻りました。
しかし、アメリカの首脳がフランス語を喋ったり、日本の首脳がイタリア語を喋ったりするのです。
そこでバットマン、「各国の心が混ざり合えば、人類に対する最大のプレゼントだ」と冷静に言い放ち、「任務は終わった」と告げて去って行きます。
そうです、逃げちゃうのです。
まあ、そういう映画なのです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

アリシア・シルヴァーストーンの『エクセス・バゲッジ/シュガーな気持ち』。

アリシア・シルヴァーストーンが、カリフォルニア州で結婚式を挙げたそうで。
結婚相手は8年前から交際していたバンドのヴォーカリスト、クリストファー・ジャレッキーだそうで。
ってなわけで、今回はアリシア・シルヴァーストーンの結婚を記念して、彼女が設立したファースト・キス・プロダクションの第1回作品『エクセス・バゲッジ/シュガーな気持ち』を御紹介。

アリシア・シルヴァーストーンは父に関心を示してもらうため、狂言誘拐を計画しました。
彼女は100万ドルを持って来るよう父に要求し、駐車場でトランクに身を隠します。
ところが、何も知らない車泥棒のベニチオ・デル・トロが、そのBMWを盗んでしまいました。

倉庫に戻ったベニチオは、トランクに入っているアリシアを発見します。
誘拐犯に間違えられたくないベニチオは、身の潔白を証明するようアリシアに頼みますが、彼女は言うことを聞きません。

一方、アリシアの父は、クリストファー・ウォーケンにエミリーの捜索を依頼します。
ウォーケンは最初から、今回の事件がアリシアの芝居だと気付いていました。
アリシアはウォーケンに発見され、ベニチオと共に逃亡します。
いつの間にか、アリシアとベニチオは惹かれ合うようになっていきます。
そんな中、今度は本当にアリシアが誘拐されてしまうのです。

普通の感覚だと、ヒロインの心情が全く理解できないかもしれません。
かなりキテレツな女に見えてしまいます。
ダルダル、ユルユルの物語の中で、観客が心情を理解できないような不可解な行動を取る女性を演じなければならないのですから、アリシアも大変だったでしょう。

ティーンのアイドルとして人気者になったアリシアですが、いつまでもアイドルのままではいられません。
製作者となったからには、ただのキュートな女の子じゃいられないのです。
そんなわけで、彼女は貫禄を付けるために少し太ったシュガーな肉体になっています。

アリシアはケバめのメイクでキツめの顔を作り、可愛らしさを打ち消すようにしています。
彼女が演じるヒロインは可愛らしさが薄く、性格の捻じ曲がった女にしか見えませんが、何しろアイドルじゃなくて製作者なので、可愛く見せる必要は無いのです。

アリシアは主演女優であることよりも、製作者であることを優先したのです。
だから、女優としての魅力が薄くても仕方が無いのです。
その代わりに、彼女は製作者としてベニチオ・デル・トロの魅力を引き出そうとしたのです。
まあ、そういう映画なのです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH