FC2ブログ
ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

輸出規制と参院選。

日本政府が韓国に対して半導体素材の輸出規制強化措置を取ったことは、大きな外交問題となっています。
規制強化の理由として、日本政府は「不適切な事案があった」と主張していますが、もちろん建前に過ぎません。
これが徴用工問題への対抗措置であることは、誰の目にも明らかでしょう。

韓国が徴用工問題に関して傲慢極まりない態度を崩さない以上、日本政府が何らかの対抗措置を取るのは当然の流れでしょう。
ただ、輸出規制の強化措置ってのは、ちょっとタイミングが早すぎたかなと。
もう少し幾つかの策でジワジワと重圧を掛けて、それでもダメならってことでも良かったかなと。

プロレスで例えるなら、オカダ・カズチカが試合開始から3分ほどでレインメーカーを出しちゃったような感じがするんですよ。
かなり早い段階で切り札を出しちゃって、ホントに大丈夫なのかなと。
実際、韓国もWTOで批判したり、対抗措置を匂わせたりして、かなり長引きそうな予感がしますし。

ただ、このタイミングで輸出規制強化に乗り出した理由は分かります。
まあ誰の目にも明らかですけど、参院選対策ですよね。
保守層を確実に取り込むためには、強気に出なきゃいけないわけでね。
ひょっとすると、あんまり後のことは考えていなかったんじゃないかと思ったりもして。

他にも幾つか「自民党の選挙対策だな」と確信できるような事案はあるんですけど、それも与党だからこそ出来る策略ですしね。
ちょっと卑怯と言えなくもないんですけど、じゃあ野党を応援したくなる気が湧くのかというと、それは皆無なわけで。
かつて「カレー味のウンコとウンコ味のカレー、どっちを選ぶか」という究極の選択が流行した時期がありましたが、日本の政党は「どれもウンコだけど、一番マシなのを選べ」という状態なわけでね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2019/07/12 21:50】 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

ポンコツ映画愛護協会の更新作品一覧(6月分)。

6月に更新したポンコツ映画愛護協会の作品タイトルです。

*ゴールデン・ラズベリー賞ノミネート作品
『キング・オブ・エジプト』

*洋画部門
『ウォンテッド』
『噂のギャンブラー』
『エンド・オブ・ホワイトハウス』
『男と女の不都合な真実』
『幸せのセラピー』
『G.I.ジョー バック2リベンジ』
『推理作家ポー 最期の5日間』
『007は二度死ぬ』
『ダイアナの選択』
『ダイ・ハード ラスト・デイ』
『デイ・オブ・ザ・デッド』
『ニューヨークのいたずら』
『ビッグ・バウンス』
『ファインド・アウト』
『ブライダル・ウォーズ』
『ヘンゼル&グレーテル』
『ラストスタンド』

*邦画部門
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
『エロティックな関係』
『クローズド・ノート』
『子猫物語』
『精霊流し』
『009 RE:CYBORG』
『体脂肪計タニタの社員食堂』
『東方見聞録』
『ぼくらの七日間戦争2』
『真夏の方程式』
『免許がない!』
『無問題(モウマンタイ)2』

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2019/07/01 22:00】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

英国は一刻も早くEUから離脱すべき。

英国のメイ首相が今月7日、EU離脱を巡る混乱の責任を取る形で保守党の党首を辞任しました。
後任を選ぶ党首選では、強硬離脱派のジョンソン前外相が他の候補を大きくリードしているという調査結果が出ています。
また、アメリカのトランプ大統領はジョンソン前外相を始めとして、英国の強硬離脱派議員と積極的に接触しています。

このまま進めば、英国は合意の無いままEUから離脱することになるかもしれません。
個人的には、それでいいと思います。
っていうか、離脱期限は10月ですが、一刻も早く離脱すべきだと思っているぐらいです。

それは決して、トランプ大統領やジョンソン前外相の主張に賛同するという意味ではありません。
むしろ私はEU懐疑派ではなく、EU懐疑派に対する懐疑派です。
それでも英国がEUから離脱した方がいいと考えるのは、「それが参考になるから」ってことです。

英国に限らず、欧州ではポピリュズム政党が力を持ち、EU離脱の声が高まっています。
その勢いが落ち着く気配は、全く見えません。
しかし誰一人として、「実際に離脱したら、どうなるのか」を知らないのです。

前にも書いた通り、人間は私を含めて愚かなので、実際に起きるまで気付かないことが多いのです。
しかし英国がEUから離脱すれば、そのメリットとデメリットがハッキリと見えてくるはず。
なので、言い方は悪いですが、英国には人身御供になってもらうのがいいんじゃないかと。
そもそも国民投票で離脱を選んだのは英国なので、それぐらいのリスクは負ってもらってもいいんじゃないかと。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2019/06/08 21:53】 国際ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

ポンコツ映画愛護協会の更新作品一覧(5月分)。

5月に更新したポンコツ映画愛護協会の作品タイトルです。

*ゴールデン・ラズベリー賞ノミネート作品
『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』

*洋画部門
『悪魔の植物人間』
『エリザベス・ハーレーの明るい離婚計画』
『カーラの結婚宣言』
『カプリコン・1』
『クラッシュ・グルーブ』
『ゲットバック』
『コロンビアーナ』
『幸せの行方...』
『シャークボーイ&マグマガール 3-D』
『ツイン・ドラゴン』
『逃走車』
『ハウス・オブ・ザ・デッド』
『ファイナル・デッドサーキット 3D』
『プリティ・ヘレン』
『マダガスカル3』
『メル・ブルックス/珍説世界史PARTI』
『モンスターズ/地球外生命体』

*邦画部門
『WXIII(ウェイステッドサーティーン) 機動警察パトレイバー』
『映画 謎解きはディナーのあとで』
『SP 革命篇』
『蟹工船』<2009年>
『きらきらひかる』
『茶々 天涯の貴妃(おんな)』
『七夜待(ななよまち)』
『日輪の遺産』
『花のあすか組!』
『必殺!5 黄金の血』
『必殺! 主水死す』
『friends もののけ島のナキ』
『藁の楯』

では、死ななかったら、また会いましょう。



【2019/06/01 21:54】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

「飛翔体」という気持ち悪い呼称。

北朝鮮が5月4日に数発の飛翔体を発射したことを、新聞やテレビが一斉に報じましたね。
この手のニュースが報じられる度に気になるのが、「飛翔体」という表現です。
この表現って、北朝鮮がミサイルを発射した時しか使われないですよね。
そういう呼び方を、なぜ使うのかってのが引っ掛かるわけです。

飛翔体ってのは読んで字の如く、空を飛ぶ物体を表す言葉のはずですよね。
だったらドローンや凧、あるいはヘリコプターや旅客機だって「飛翔体」になりますよね。
「正体不明だから、そういう表現にしている」ってのが理由なんだろうってのは分かりますよ。
ただ、それなら「未確認飛行物体」だっていいわけで。

っていうか、もう「ミサイル」でいいでしょ。
そう断定するのが無理だとしても、「ミサイルらしき物体」でいいんじゃないかと。
飛翔体という変な呼び方は、何に対する配慮、誰に対する気遣いなのかと。
そんな便利な言葉でボンヤリさせて、フジファブリックじゃあるまいし。
なんかねえ、そういうトコが、マスコミが「マスゴミ」と揶揄される一因じゃないかと思ったりするわけで。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2019/05/07 22:10】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 06 | 2019/07 | 08
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2019年07月 (2)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (2)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (1)
  • 2019年02月 (1)
  • 2019年01月 (1)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (1)
  • 2018年05月 (1)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年03月 (2)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH