ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

タイブレークの、その前に。

フジテレビは視聴率で苦戦が続く現状を「非常事態」と捉えているそうですが、10月改編の内容を見る限り、本気で非常事態だと感じているようには全く思えない古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』、『エレクトラ』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』、『首都消失』、『私をスキーに連れてって』など13本です。

ところで、日本高野連が来春のセンパツからタイブレーク制を導入することに決めたそうで。
詳細については先送りされたものの、延長13回から適用されることだけは確定事項のようで。

高野連がタイブレーク制の導入を決めた理由には、「大会日程の円滑な消化」「選手の健康管理」といった点が挙げられます。
しかし「大会日程の円滑な消化」を考えるなら、延長13回の適用はヌルすぎるでしょう。
実際、事務局長も「統計によれば延長は12回まで終わる可能性が高い」と言っちゃってるわけで。

本気で大会日程の円滑な消化を考えるなら、延長に入った時点でタイブレーク制を適用すべきじゃないかと。
タイブレーク制については、特に高校野球の熱烈なファンからは「名勝負が減る」ってことを懸念する意見もあるでしょう。
でも、それは「延長戦に入った方が名勝負」という固定観念に囚われている部分もあるんじゃないかと。
それと「慣れの問題」ってのも大きくて、きっとタイブレーク制が馴染めば、その中での名勝負も生まれてくるはずです。

もう1つの導入理由である「選手の健康管理」に関しては、さらにヌルいなあと。
それを本気で考えるなら、タイブレーク制より先に球数制限を設けなきゃダメでしょ。
ピッチャーの健康管理を考えれば、そっちの方が遥かに有益ですよ。

球数制限についても、やっぱり「名勝負が減る」という観点から反対する人もいるでしょう。
でも、これもタイブレーク制と同様で、「多く投げれば名勝負」という固定観念じゃないかと。
もう1つ、「球数制限を設けると複数のピッチャーを用意する必要があり、多くの選手が集まる強豪校が有利になる」ということを懸念する意見もあるでしょう。
だけど今の時点でも、強豪校の方が絶対に有利なわけで。
それに球数制限を設ければ、優勝な選手が全試合に完投することは不可能になるので、ジャイアント・キリングが起きる可能性は高くなるんじゃないかと。

プロ野球だったら、先発ピッチャーは中4日や中5日で投げるわけで。
もしも連日や中1日の間隔で何試合も続けて先発させたら、間違いなく批判されますよ。
それを高校野球ならOKにしていることが、ホントはおかしいわけでね。
「若いから大丈夫」ってことじゃなくて、むしろ高校生だからこそ余計に、消耗品である肩は大事にしなきゃダメでしょ。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2017/09/24 00:25】 スポーツネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

『愛は地球を救う』に関するバカバカしい妄想。

徳光和夫さんが24時間テレビにおける「番組の“顔”」みたいな扱いを受けているのは、どうにも違和感が否めない古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『アレキサンダー』、『ゲッタウェイ スーパースネーク』、『キングコング2』、『大巨獣ガッパ』、『わさお』など13本です。

ところで、明日と明後日は日本テレビ系列の24時間テレビ『愛は地球を救う』が放送されますね。
慈善の精神に欠けている私は見る気なんて全くありませんが、番組に関する妄想だけは膨らませています。

もしも私が有名人で、『愛は地球を救う』のパーソナリティーを依頼されたら、迷わず引き受けます。
そして生放送がスタートしたら、こんなことを語るのです。

「この番組の出演者は全員がノーギャラで仕事をするか、もしくはギャラを全て寄付しなければ、筋が通らないと個人的には思っています。
ギャラを貰って番組に出演したら、それは単なるビジネスでしょう。
それで24時間の番組を最後までやり切っても、そこに感動なんてありません。
お金を貰っているんだから、それに見合った仕事をするのは当たり前のことですよね。

でも残念ながら、みんなギャラを貰っているし、それを寄付することもありません。
だから私は、ここに自分のギャラと同じ金額を持参しました。
今から、このお金を全て寄付します。
これで私は実質的に、この番組をノーギャラでやることになります。

ただし、これはあくまでも個人的な考えに基づく行動なので、他の出演者に同じことを要求するつもりはありません。
皆さんは、自分なりに考えて下さい」

そんな行動を取ったら、きっと会場はシャレにならない空気に包まれるでしょう。
でも私は、何食わぬ顔で番組を続けるのです。

だけど私が『愛は地球を救う』のパーソナリティーを担当することは、絶対にありません。
なので、誰かが同じような行動を取ってくれないかなあと、そんな妄想を膨らませています。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2017/08/25 22:25】 テレビ番組ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

松居一代劇場には飽きました。

しばらく沈静化していた眼精疲労が酷くなってきた古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『トランスフォーマー/ロストエイジ』、『キングコング』、『ザ・リング2』、『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』、『僕等がいた』(前篇&後篇)など13本です。

ところで、ここ最近は松居一代さんがYouTubeの投稿動画やブログで様々な発言を繰り返し、ワイドショーや週刊誌が積極的に取り上げていますね。
まあ久々の美味しいネタなので、芸能マスコミとしては出来るだけ長く引っ張りたいという思いもあるんでしょう。
ただ、タイトルにも書いたように、個人的には飽きました。
っていうか最初の動画がアップされた3日後ぐらいには、もう飽きていました。

早々と飽きてしまった理由は簡単で、「同じことの繰り返し」に過ぎないからです。
そりゃあ松居さんは次から次へと新しい情報を発信していますし、それなりに変化を付けようとする動きは見えます。
でもザックリと言っちゃえば、「危ない人の妄想垂れ流し」が延々と続いているだけですからね。

最初の衝撃は確かにありましたけど、そこがピークなんですよね。
つまり、ほぼ「出オチ」に近い状態になっているわけで。
だから松居一代劇場は、ドラマとしては大して面白くないです。
あと、松居さんの演技は大根ですしね。
以前は女優活動もしていたはずなんですけど、ブランクが長かったのか、そもそも大根だったのか。

とは言え、話題性は充分にあるので、松居さんを主演に起用したエクスプロイテーション映画でも、誰か作ってみたらどうですかね。
低予算で製作して今年の内に上映できれば、それなりに稼げる可能性もあるんじゃないですかね。
まあ下手をすると、「裏切り者」として松居さんの攻撃対象になるリスクはありますけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2017/07/23 22:39】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

須藤凜々花は責められない。

アイドルと言えばビリー・アイドルを思い浮かべる古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『ザ・ヘラクレス』、『最‘新’絶叫計画』、『悪霊島』、『男はつらいよ 幸福(しあわせ)の青い鳥』、『汚れた英雄』<1982年>など13本です。

ところで、6月17日に開催された第9回AKB総選挙でNMB48の須藤凜々花さんが結婚を宣言し、かなり物議を醸していますね。
AKBグループのファンや現役メンバー、卒業したメンバーなど様々な方面から、かなり厳しい批判の声も出ているようで。
「応援してくれたファンへの裏切り行為だ」「選抜総選挙という場で発表すべきではない」など、辛辣な意見も少なくないようで。

だけど、以前ならともかくとして、今のAKBグループでは、もはや須藤凜々花さんを批判することは出来ないと思うわけですよ。
だって冷静に考えて下さいよ、今回の総選挙で3連覇を達成したのは誰ですか。
指原莉乃さんですよ。
彼女は恋愛スキャンダルを起こした上、それを今でもネタにして仕事をしている人ですよ。
そういう人がグループのトップに君臨していて、それを運営側も認めているのです。
指原さんがトップに君臨し続けることで、AKBグループは「恋愛禁止ルールを順守して真面目に頑張ったところで報われない」というヒエラルキーが出来上がっているのです。

ようするに現在のAKBグループってのは、恋愛禁止ルールが破綻しているのです。
指原さんが最初に総選挙で1位を獲得した時点で、そのルールは完全に崩壊したのです。
だから、恋人の存在や結婚を発表した須藤さんを責めることなんて出来ないんですよ。
「そういうことも含めて応援することを求められるグループ」になってしまったんですから。

もちろん、「恋人がいない」という前提でファンがアイドルを応援する気持ちは良く分かります。
それは普通に考えれば、当たり前の考え方だとも思います。
大金を注ぎ込んだところで「僕だけのアイドル」になることなんて無いでしょうけど、それでも幻想を見たいという気持ちは理解できます。
でも残念ながら、AKBグループは「普通のアイドルグループ」から外れてしまったのですよ。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2017/06/24 00:10】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

ディズニーの隠れた名曲10選。

「日本版主題歌」は映画を殺すこともあると思う古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『キャノンボール/新しき挑戦者たち』、『リベンジ・マッチ』、『砂の惑星』、『ウォータームーン』、『シベリア超特急』など13本です。

さて、今回は音楽企画で、ディズニー・ソングの特集を。
ディズニー・ソングと言えば、『美女と野獣』の主題歌『Beauty and the Beast』や『アラジン』の挿入歌『A Whole New World』などが有名です。
最近だと『アナと雪の女王』の『Let It Go』が大ヒットしました。
しかし、それ以外にも優れた楽曲はあるのです。
そこで今回は、ディズニー・アニメの隠れた名曲を10曲選んでみました。

Give a little Whistle”:『ピノキオ』(1940年)
・・・ジミニー・クリケット役のクリフ・エドワーズが得意芸を披露する楽曲

Baby Mine”:『ダンボ』(1941年)
・・・監禁された母象のジャンボがダンボに愛を伝えるバラード

Love Is a Song”:『バンビ』(1942年)
・・・ドナルド・ノーヴィスが美しいコーラスをバックに朗々と歌い上げる主題歌

All in a Golden Afternoon”:『ふしぎの国のアリス』(1951年)
・・・美しいコーラスで披露される軽やかな曲

Lady and the Tramp”:『わんわん物語』(1955年)
・・・ダーリング役のペギー・リーが小粋に歌うジャズ・ソング

The Aristocats”:『おしゃれキャット』(1970年)
・・・モーリス・シュヴァリエがオープニングで歌うシャンソン

Tomorrow Is Another Day”:『ビアンカの大冒険』(1977年)
・・・シェルビー・フリントが優しく歌い上げるバラード

Goodbye, So Soon”:『オリビアちゃんの大冒険』(1986年)
・・・ラティガン役のヴィンセント・プライスが楽しそうに歌う劇中歌

Once Upon a Time in New York City”:『オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり』(1988年)
・・・ヒューイ・ルイスが歌う爽やかで都会的なオープニング・テーマ曲

Little Patch Of Heaven”:『ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え!』(2004年)
・・・k.d.ラングが歌う軽快なカントリー・ソング

ちなみに、あくまでも楽曲だけで選んでいます。
使用された映画の評価とは全くの無関係ですので、お間違えの無きよう。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2017/05/21 00:29】 音楽ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH