ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

それは本当に障害者差別なのか。

中肉中背の基準が良く分からない古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『レフト・ビハインド』、『最‘狂’絶叫計画』、『ブラック・ダリア』、『HK/変態仮面』、『次郎長三国志』、『東京家族』など15本です。

ところで、レゴランド・ディスカバリー・センター東京を訪れた聴覚障害の4人が入館を断られたという出来事が、マスコミによって報道されましたね。
運営会社は国から「障害者差別解消法の禁止事項に当たる」と改善を要求されて「大きな過ちを犯した」と謝罪する羽目になりました。
だけど、これって本当に「障害者差別」として非難されるような事案なんでしょうか。

レゴランド東京のスタッフは、その4人に対して聞こえる人間が付き添わないと入館できないと説明し、理由について「災害時に避難の呼び掛けに応じることが出来ないため」と説明しています。
そこに「面倒なことが起きたら嫌だ」という気持ちがあったかもしれませんが、少なくとも理屈としては通っていますよね。
それに、その4人を入館させて、仮に災害が起きて逃げ遅れた場合、間違いなく糾弾されますし。

あと、施設のホームページのQ&Aに、障害者だけの入館は出来ないこと、健常者の付添人との入館を求めることを表記していたらしいんですよね。
それをチェックせずに施設へ来て、入館できないから「障害者差別」と抗議するのは、どうなのかと思うわけですよ。

こういう時に感じるのが、「なんでもかんでも障害者差別にするのは違うんじゃないか」ってことです。
例えばジェットコースターなんかは、「身長**センチ未満の人は利用できません」みたいなケースが多いですよね。
それは安全性を考えてのルールですが、これに対して「身長の低い子供を差別している」という非難の声は出ないわけで。
残念に思う人もいるでしょうが、「子供の安全を考慮しているのだから仕方がない」と受け入れるわけで。
「身長が低くても利用できるよう改善する必要がある」なんてことは、言われないわけで。
それなのに、障害者の安全を考慮した処置のケースは、絶対に「差別だ」という非難に繋がるんですよね。

もちろん「障害者だけの入館は出来ない」というルールに問題があるんじゃないかと問われたら、そこに落ち度があったとは言えるかもしれません。
今回のケースでも、スタッフ1名が付き添えば、たぶん問題は無かったはずですしね。
ただ、なんでもかんでも障害者差別に結び付けると、本質的な問題が見えなくなっちゃう気がするんですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト
【2018/06/23 22:21】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

「声優アーティスト」という気持ち悪い呼び方。

当分の間、日大の危機管理学部は「日大の危機管理学部(笑)」になるだろうと思う古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『バニラ・スカイ』、『SFレーザーブラスト』、『フレッシュ・ゴードン/SPACE WARS』、『スペーストラベラーズ』、『手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-』、『LOVE まさお君が行く!』など15本です。

さて今回はタイトルにも書いた通り、「声優アーティスト」という呼称について少し。
いつ頃からは分かりませんが、歌手活動もしている声優のことを「声優アーティスト」と呼ぶようになりましたね。
たぶん代表的なのは水樹奈々さんで、他にも数えればキリが無いぐらい大勢の人が「声優アーティスト」として活動しています。

NHKでも普通に使っているので、もはや一般的な呼び方という捉え方なんでしょう。
実際、「声優アーティスト」と呼ばれている人々も、それを普通に受け入れているみたいですしね。
でも個人的には、どうにも馴染めないんですよね。

そんな呼び方が広まるより随分と前から、歌手活動もしている声優ってのは何人もいたわけで。
その頃は、そういう面々のことを単純に「声優」と呼んでいたはずです。
なので、歌手活動をしていることを強調したい場合でも、「声優兼歌手」とか「声優で歌手の」という紹介でいいんじゃないかと。

冷静に考えてほしいんですけど、「声優アーティスト」って言葉として変でしょ。
それって「俳優アーティスト」って言うのと同じですよ。
例えば菅田将暉は俳優活動も歌手活動もしていますけど、彼のことを「俳優アーティスト」とは呼ばないでしょ。
あくまでも「俳優」、もしくは「俳優で歌手」という紹介になるでしょ。

「お前は声優アーティストを侮辱しているのか」とお怒りの人がいるかもしれませんけど、それは違いますよ。
なぜ声優だけは「アーティスト」と後ろに付けるのかと、呼び方に違和感を覚えているってだけでね。
それって、なんか声優という職業を軽視しているように思えるんですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2018/05/26 21:59】 芸能ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

相撲協会は女人禁制を貫けばいいのです。

そんなことより「山口達也メンバー」という気持ち悪い呼び方は何とかならんのかと思う古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『エンド・オブ・キングダム』、『オーメン2/ダミアン』、『フック』、『ポーラー・エクスプレス』、『サイドウェイズ』、『三大怪獣 地球最大の決戦』など15本です。

ここ最近になって、急に相撲協会の女人禁制を問題視されるような報道が多くなりましたね。
きっかけとなったのは、春巡業で舞鶴市長が倒れた際、救助のため土俵に上がろうとした女性に対して土俵から降りるよう求めるアナウンスがあったという出来事です。
その後には、ちびっこ相撲で今年から女児が除外されるようになったという出来事もありました。
ただ、この手の問題は今までもあったことであり、暴力問題など相撲界では他の問題も色々と起きていたことが、批判的な報道の大きさに繋がった部分もあるでしょう。

舞鶴市長の問題に対しては、八角理事長が直ちに謝罪して人命を優先するコメントを発表し、迅速な対応を見せました。
しかし、ここから派生して女人禁制が完全に無くなるようなことは、たぶん無いでしょう。
それを批判する人もいると思いますが、個人的には相撲協会が女人禁制を貫いても一向に構わないと思っています。
それは積極的に賛同するということではなく、「どうぞ、ご自由に」ってことですけどね。

そもそも歴史を遡れば、かつては大相撲の土俵に女性が上がることも認められていました。
「神事だから女人禁制」という主張は、ただの後付けに過ぎません。
ただ、そうであっても、女人禁制で別に構わないと思うのです。

例えば宝塚歌劇団は男子がステージに上がれませんが、それを批判する人はいないでしょう。
なぜなら、誰もが「そういう興行だから」と認識しているからです。
それと同様で、大相撲も「女人禁制の興行なのだ」と捉えれば、何の問題も無いわけです。
そもそも大相撲ってのは、スポーツでも格闘技でもなくて興行なのですから。
「神事だから」とか、「女性は不浄だから」とか、そういう錦の御旗を言い訳に使うから、ややこしくなっちゃうわけで。

ただし、女人禁制を続ける代わりに、公益法人からは外れるべきです。
そして「日本の国技」と主張するのも、直ちに止めるべきです。
女性蔑視の興行が公益法人や国技ってのは、日本にとっては恥ずべきことですからね。
「男だけの興行」として、後は勝手にやればいいんじゃないかってことですよ。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2018/04/27 22:04】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

2018年の阪神タイガースは。

2ヶ月ほど前から奥歯が痛むのに、歯医者には絶対に行きたくない古川土竜です。
映画無段』のコンテンツ「ポンコツ映画愛護協会」を更新しました。
今回の更新は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『1941』、『最凶家族計画』、『ハロウィン6/最後の戦い』、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』、『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』など15本です。

さて、いよいよプロ野球の開幕が迫って来たので、今回は阪神タイガースについて。
昨シーズンは2位だったので、普通なら「今年こそ優勝を」と期待したいところです。
しかし残念ながら、それは難しいと思われ。

たぶん今シーズンも、優勝は広島カープでしょう。
今の広島は、しばらく黄金期が続いてもおかしくないぐらい戦力が充実している上に、フロントも優秀ですからね。
阪神に関しては、昨シーズンより順位が下がることも充分に考えられます。
それぐらい、多くの不安材料がありますから。

まずは、先発ピッチャーの駒が揃っていないという問題。
確定しているのはメッセンジャー、秋山、能見の3人だけ。
その内、能見に関しては昨シーズンが6勝で、そんなに上積みは期待できないでしょう。
藤浪はノーコンが相変わらず修正できていないので、今年も難しいと思われ。
昨シーズンの秋山のように、「意外な選手がシーズンを通して活躍する」という可能性に期待するしかない状況です。

他にも、センターラインがセカンドの鳥谷以外は確定していないという問題があります。
ショートは糸原、キャッチャーは梅野が一番手だろうと思いますが、センターに関しては頭一つ抜けていると感じる選手が見当たらず。
守備だけなら俊介でいいと思うんですけど、金本監督は打撃を優先する人ですからね。
っていうか、金本監督の考え方も、今の阪神にとっては大きな問題なんですよね。

金本監督って、とにかく長打力のある選手を育てることに躍起になっている印象が強いんですよ。
もちろん日本人の長距離砲を育てることは必要だと思いますよ。
ただ、長距離砲ばかりを揃えても、それでチームが勝てるわけではないでしょ。
足の速い選手や小技の上手い選手など、様々な武器を持った選手を使えばいいはずで。
そういう意識が、金本監督には薄いんですよね。
「機動力を重視する」という意識を見せた時期もありましたが、あっという間に忘却の彼方へ去りましたし。

他にも、4番として期待されるロサリオの打率がオープン戦で低迷しているとか、福留は休ませながらの起用になるので打線が固定できないのは既定路線だとか、色々と問題があるわけで。
ただし不幸中の幸いで、広島を除く他のチームも不安材料が多いんですよね。
なので怪我人が続出するとか、大半の選手がスランプに陥るとか、そういうことでもない限り、たぶんAクラスは確保できるんじゃないかと。
でも、とにかく多くを期待することは難しそうなシーズンだな、という印象です。
とは言え金本監督も3年目なので、そろそろ進退が怪しくなる時期ですからね。
はてさて、どうなることやら。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2018/03/24 22:10】 スポーツネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

第38回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果。

オリンピックと比べてパラリンピックの扱いが極端に低くなるのは東京でも変わらないだろうなあと思う古川土竜です。
今回は第38回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果が発表されたことを受けての感想を。

ラジー賞ではアニメーション作品がノミネートされる自体が珍しいのですが、そんな中で初めて作品賞を受賞したのが『絵文字の国のジーン』。
しかも作品賞だけでなく、監督賞&脚本賞&スクリーンコンボ賞も獲得する圧倒的な強さ。
興行的には大成功しているんですが、そんなのはラジー賞じゃ何の関係ないわけでね。

主演男優賞のトム・クルーズは、過去に『カクテル』と『宇宙戦争』でのノミネートはあったものの、受賞は初めて(スクリーン・カップルは受賞している)。
助演女優賞のキム・ベイシンガーは、これまで主演女優賞に何度もノミネートされていたものの受賞歴は無し。
今回は助演ですが、初の戴冠となりました。
助演男優賞のメル・ギブソンも含め、ベテラン勢が健在ぶりを見せ付けた結果となりました。

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は2部門の受賞に留まりましたが、今回は『絵文字の国のジーン』の旋風に屈したという感じですね。
でもシリーズは3部作なので、3作目もノミネートされることは既に確定事項と言ってもいいでしょう。
そちらが何部門を獲得するのか、今から楽しみですね。

あと、そろそろラジー賞はタイラー・ペリーを見捨ててくれませんかね。
まだまだ楽しめるという考えなんですかね。
日本じゃ彼の主演シリーズは見られないので、その辺りが良く分からないんですけどね。

ちなみに救済賞については、セクハラ問題を皮肉っていることだけは理解できるんですけど、なんせ英語力が無いので翻訳は超テキトーです。
ちゃんと知りたい人は、もっと正確に取り上げている他の場所で確認してください。
っていうか何度も書いていますけど、そもそも救済賞という部門自体が要らないと個人的には思っているんですけどね。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2018/03/04 22:58】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 06 | 2018/07 | 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2018年06月 (1)
  • 2018年05月 (1)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年03月 (2)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH