FC2ブログ
ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

ポンコツ映画愛護協会の更新作品一覧(6月分)。

6月に更新したポンコツ映画愛護協会の作品タイトルです。

*ゴールデン・ラズベリー賞主要部門ノミネート作品
『スペースインベーダー』
『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』

*洋画部門
『アイ・フランケンシュタイン』
『イントゥ・ザ・ストーム』
『エージェント・マロリー』
『エージェント:ライアン』
『奇跡の旅2/サンフランシスコの大冒険』
『キャリー』<2013年版>
『ザ・キープ』
『スター・トレック』<2009年版>
『ドラゴンvs7人の吸血鬼』
『トリコロールに燃えて』
『南極物語』<2006年版>』
『なんちゃって家族』
『フライボーイズ』
『余命90分の男』
『LUCY/ルーシー』
『ローグ アサシン』

*邦画部門
『映画 暗殺教室』
『兜』
『神様はバリにいる』
『キタキツネ物語 [35周年リニューアル版]』
『喰女-クイメ-』
『極道大戦争』
『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
『モスラ』<1996年版>
『モスラ2 海底の大決戦』
『モスラ3 キングギドラの来襲』
『優駿 ORACION』
『ルパン三世』<2014年>

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト



【2020/07/03 01:25】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

『テラスハウス』の罪と罰。

ネットフリックスとフジテレビの番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが遺書を残して死亡した出来事は、多くのメディアが大きく取り上げていますね。
木村花さんはSNS上での誹謗中傷に悩んでいたということで、国も対策に乗り出す姿勢を示しています。
ただ、問題はそこだけじゃないですよね。
卑劣で唾棄すべき対象は、そこだけじゃないですよね。

もちろん、匿名でSNSに誹謗中傷を書き込んだ人間は、批判されるべきです。
ただ、SNSの誹謗中傷が存在することも、それを防ぐ術が現時点では無いことも、分かり切っていることであって。
だから番組の作り手は、そういうことも考慮する必要があったのです。
なるべく出演者が誹謗中傷を受けないように、そして受けた場合は精神的に追い込まれないように、ちゃんとフォローしてあげるべきだったのです。

ところが『テラスハウス』の作り手は出演者を守るどころか、むしろ誹謗中傷を煽っていたわけで。
木村花さんにヒール役を担わせて、彼女が激しく攻撃されるように仕向けていたわけで。
そんな連中も、やはり批判を受けるべきでしょう。
もちろん実行犯は厳しく断罪すべきですが、そそのかして焚き付けた黒幕も同様に断罪されるべきだと思うのですよ。

今回の一件を受け、フジテレビの社長は謝罪のコメントを発表して番組の検証を約束しています。
でも、それは表面的で事務的な作業に過ぎませんからね。
フジテレビに限らず、テレビ局が本気で反省することなんて絶対にありませんから。
視聴率を稼いだり金を儲けたりするためなら、平気で誰かを傷付けるのがテレビ局ですから。

『テラスハウス』は若者に人気のあるコンテンツなので、ほとぼりが冷めた頃に新シリーズを始めようと企むでしょう。
あるいは、タイトルを変えて類似の番組を始めるでしょう。
そして、みんなが今回の事件を忘れた頃、またテレビ局は同じような過ちを繰り返すことでしょう。


では、死ななかったら、また会いましょう。

【2020/06/02 21:55】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

ポンコツ映画愛護協会の更新作品一覧(5月分)。

5月に更新したポンコツ映画愛護協会の作品タイトルです。

*ゴールデン・ラズベリー賞主要部門ノミネート作品
『ジェイク・アイデンティティー』
『ポンペイ』

*洋画部門
『アタック・オブ・ザ・キラートマト』
『エルム街の悪夢4/ザ・ドリームマスター最後の反撃』
『エルム街の悪夢5/ザ・ドリームチャイルド』
『オール・ザット・ジャズ』
『オズ はじまりの戦い』
『ギャラクシーナ』
『ニード・フォー・スピード』
『ファイナル・デッドブリッジ』
『フライトナイト/恐怖の夜』
『フルスロットル』
『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』
『ムーンウォーカー』
『ラストミッション』
『ロード・オブ・セイラム』
『惑星「犬」。』

*邦画部門
『悪の教典』
『悪夢ちゃん The夢ovie』
『エイトレンジャー2』
『L・DK』
『風に立つライオン』
『キカイダー REBOOT』
『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』
『ジョーカー・ゲーム』
『好きっていいなよ。』
『テラスハウス クロージング・ドア』
『TOKYO TRIBE』
『バンクーバーの朝日』
『ふしぎな岬の物語』
『幻の湖』

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2020/06/01 00:07】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

ポンコツ映画愛護協会の更新作品一覧(4月分)。

4月に更新したポンコツ映画愛護協会の作品タイトルです。

*ゴールデン・ラズベリー賞主要部門受賞作品
『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』

*ゴールデン・ラズベリー賞主要部門ノミネート作品
『マチェーテ・キルズ』

*洋画部門
『宇宙からのツタンカーメン』
『黒帯ドラゴン』
『GODZILLA ゴジラ』
『ザ・ホスト 美しき侵略者』
『ザ・モンキーズ/恋の合言葉 HEAD!』
『ジュラシック・シャーク(741)』
『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』
『ダイバージェント』
『食べて、祈って、恋をして』
『トカレフ』<2014年>
『ドラゴンスレイヤー』
『Fame フェーム』
『ホーリーマン』
『ボーン・レガシー』
『ミズーリ・ブレイク』
『ランナウェイ/逃亡者』
『リボルバー』<2005年>

*邦画部門
『渇き。』
『クローズEXPLODE』
『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇』
『劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇』
『極道恐怖大劇場 牛頭 GOZU』
『シェンムー・ザ・ムービー』
『獣人雪男』
『トリナクリア PORSCHE959』
『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』
『香港大夜総会 タッチ&マギー』
『MONSTERZ モンスターズ』

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2020/05/01 01:23】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

新型コロナは1ヶ月なんかじゃ終わらない。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ようやく一部の地域に緊急事態宣言が発令されましたが、1ヶ月程度で沈静化する可能性は低いでしょう。
テレワークに対応できていない企業も多いので、色んなトコで「3密」の状態は生じていますし。
それに、未だに平然と遊び歩いている人は大勢いますしね。

政府の対応にしても、財政的な問題はあるにしても、そりゃあ批判されても仕方がないだろうと。
最初に発表した対策はアベノマスクの配布だし、消費税減税は徹底拒否するし、休業補償はしないくせに営業自粛だけは要請するし。
政府が無能だから、地方自治体や民間が知恵も金も出さなきゃいけない羽目になっているわけで。

新型コロナが日本で広まり始めた3月の時点では、単純計算で6月の終わり頃には落ち着くかなと思っていました。
でも現状を見る限り、あと2ヶ月ぐらいは長引きそうですね。
しかも、ここで言う「落ち着く」ってのは、「感染拡大が鈍化傾向に転じる」ということに過ぎませんからね。
決して「安心して外出できる状況が訪れる」という意味ではありません。
新型コロナウイルスの威力が弱まり、ワクチンが広く行き渡る状況になるのは、来年を待たなきゃ難しいでしょう。

それにしても思ったのは、これだけ危機的な状況にも関わらず、日本の首相ってのは意外に暇なんですね。
何しろ、自宅で優雅にくつろぎ、その様子を撮影してノンビリできるわけですから。
寝る間も惜しんで新型コロナ対策に奔走する知事がいる中で、ブルジョアな安倍首相は余裕たっぷりなんですね。

ああいう動画を、新型コロナで家族や友人を亡くした人々が見たら、どう感じるんでしょうね。
前から思っていたことですけど、安倍さんって人の痛みに対する感受性が極端に鈍いですよね。
もしかすると、サイコパスなんじゃないですか。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2020/04/14 22:43】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 06 | 2020/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2020年07月 (1)
  • 2020年06月 (2)
  • 2020年05月 (1)
  • 2020年04月 (2)
  • 2020年03月 (3)
  • 2020年02月 (4)
  • 2020年01月 (2)
  • 2019年12月 (2)
  • 2019年11月 (2)
  • 2019年10月 (3)
  • 2019年09月 (1)
  • 2019年08月 (2)
  • 2019年07月 (4)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (2)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (1)
  • 2019年02月 (1)
  • 2019年01月 (1)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (1)
  • 2018年05月 (1)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年03月 (2)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH