FC2ブログ
ブログ無段
バカまっしぐらなダメ人間の古川土竜が、トチ狂った妄想を膨らませたり、ネジ曲がった暴論を吐いたりするわけで。にょほほほほ。

ポンコツ映画愛護協会の更新作品一覧(3月分)。

3月に更新したポンコツ映画愛護協会の作品タイトルです。

*ゴールデン・ラズベリー賞主要部門ノミネート作品
『がんばれ!ベンチウォーマーズ』
『サーフィン ドッグ』

*洋画部門
『アーノルド・シュワルツェネッガーのSF超人ヘラクレス』
『アザーマン -もう一人の男-』
『アナと雪の女王』
『アベンジャーズ』<2012年>
『アメリカン・ピーチパイ』
『インシディアス』
『オンリー・ゴッド』
『きみがくれた未来』
『キリングゲーム』
『サード・パーソン』
『シャドウハンター』
『ニューヨーク 冬物語』
『バトルフロント』
『ファースター 怒りの銃弾』
『Vフォー・ヴェンデッタ』
『リセット』
『リディック:ギャラクシー・バトル』
『ロボコップ』<2014年版>
『ロラックスおじさんの秘密の種』

*邦画部門
『一命』
『小川の辺(ほとり)』
『女子ーズ』
『劇場版 SPEC~天~』
『STAND BY ME ドラえもん』
『バイロケーション』
『薔薇色のブー子』
『マイ・バック・ページ』
『魔女の宅急便』<2014年版>
『リメインズ 美しき勇者たち』

では、死ななかったら、また会いましょう。

スポンサーサイト



【2020/04/01 02:15】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

第40回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果。

例年とはスケジュールを変更していた第40回ゴールデン・ラズベリー賞の受賞結果が発表されました。
戦前の予想通りに『キャッツ』が圧倒的な強さを見せ、6部門を受賞しています。

これまで名匠として高い評価を受けていたトム・フーパー監督ですが、アカデミー賞とラジー賞の両方で監督賞を受賞したわけですね。
これはガス・ヴァン・サントやブライアン・デ・パルマでも成し遂げることが出来なかった偉業で、立派なことですよ。
トム・フーパーも、ついにマイケル・チミノに並んだわけですね(『ディア・ハンター』ではオスカー、『天国の門』でラジー賞監督賞)。
っていうか『天国の門』はラジー賞の作品賞を受賞していないので、トム・フーパーの方が上と言っていいかもしれません。

ちなみに、新型コロナウイルスの影響はラジー賞にも及んでおり、今回は授賞式のセレモニーが中止になっています。
もし授賞式があったらジェームズ・コーデン&レベル・ウィルソンが猫の格好で出席してくれたかもしれないので、残念ですね。

あと、そんな風に『キャッツ』旋風が吹き荒れた中で、最低主演男優賞はジョン・トラヴォルタ、最低序章&リメイク&盗作&続編賞はシルヴェスター・スタローンの『Rambo: Last Blood』が獲得していますね。
まだまだ若い奴らは負けられんとばかりに、ベテラン勢も頑張っていますね。
シルヴェスター・スタローンは第36回に『クリード チャンプを継ぐ男』で救済賞を受賞していますが、さすがの貫録でラジーの世界へ舞い戻ってきましたね。
スライには今後も、まだまだ活躍が期待できそうです。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2020/03/17 22:32】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

新型コロナウイルスの流行で気になったこと。

ずっと仮死状態だった『サッカー無段』ですが、今月になって久々に更新しました。
っていうか今月から少しずつ更新していくつもりだったんですけど、新型コロナウイルスの影響で各国リーグが中断しているので微妙です。
そんな新型コロナウイルスについて、ちょっと気になったことを今回は書きます。

1つ目の気になったこと。
アメリカに倣って、そろそろ「武漢ウイルス」と呼んでもいいんじゃないかってこと。
中国政府はWHOのテドロス事務局長と結託し、「中国は悪くないんですよ」という印象操作を積極的に展開しています。
でも、初動の遅れや情報の隠蔽など、中国の対応に問題があったのは明らかで。
それを忘れないためにも、武漢ウイルスという呼称にした方がいいんじゃないかと。

2つ目の気になったこと。
五輪の延期論が高まる中で日本の政府関係者が「予定通りに準備を進める」と強調しているのは、全くの無意味だってこと。
幾ら日本国内で予定通りに進めても、欧米のパンデミックが収束しないと問題の解決には至らないわけで。
そもそも、五輪の開催に関して全ての決定権を持っているのはIOCなので、日本が「予定通りに開催する」と主張しても意味が無いわけで。

3つ目の気になったこと。
今回の件に関連付けて、どっかのトチ狂った親が産まれた子供に「コロナ」と名付けるんじゃないかってこと。
っていうかコロナってのは悪い意味じゃないので(皆既日食の時に太陽の縁に出る光冠のこと)、そういうキラキラネームの子供は既に実在するような気も。
で、そういう子が小学生や中学生だったりした場合、イジメの標的になっているんじゃないかと気になったりして。

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2020/03/15 22:00】 社会ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

ポンコツ映画愛護協会の更新作品一覧(2月分)。

2月に更新したポンコツ映画愛護協会の作品タイトルです。

*ゴールデン・ラズベリー賞主要部門ノミネート作品
『最凶女装計画』

*洋画部門
『愛の神、エロス』
『アパリション -悪霊-』
『アポロ18』
『かぞくモメはじめました』
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』
『クラウド アトラス』
『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』
『スプライス』
『ソウ3』
『セイフ ヘイヴン』
『ソウ4』
『ソウ5』
『ソウ6』
『ナチョ・リブレ 覆面の神様』
『P.S. アイラヴユー』
『ブロークンシティ』
『ポゼッション』<2012年>
『マラヴィータ』
『マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生』
『ミシェル・ヴァイヨン』
『ミッドナイト・ガイズ』
『REDリターンズ』

*邦画部門
『監禁探偵』
『北のカナリアたち』
『黒執事』
『幕末高校生』
『ホットロード』
『またまたあぶない刑事』

では、死ななかったら、また会いましょう。

【2020/03/01 22:02】 映画ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

ポンコツ映画愛護協会のカテゴリー変更について。

3月からポンコツ映画愛護協会が少しだけ変わります。
「ゴールデン・ラズベリー賞主要部門」に、助演賞を加えることにしました。

ポンコツ映画愛護協会を始める時、「映画全体の評価に直結しない」という変なこだわりで助演賞を主要部門から外しちゃったんですよね。
でも、どう考えたって助演賞は主要部門に入るわけで。
なので遅ればせながら、加えることにしました。

それに伴い、これまでとリンク先が変更になる作品が幾つかありますので、ご注意を、
っていうか受賞部門とノミネート部門の分類も少し変更したので、大幅にリンク先が変わっています。
あと、リンク先を間違えて存在しないことになっていた作品が何本か見つかったので、修正作業も行っています。

また、助演賞を主要部門に加えたことに伴い、かなり古い観賞記録ですが、何本か新しい作品も掲載します。
具体的には、以下の11本です。

ゴールデン・ラズベリー賞助演賞受賞
『ウォール街』
『グロリア』<1980年版>
『007/ダイ・アナザー・デイ』
『裸の銃を持つ男 PART33 1/3/最後の侮辱』

ゴールデン・ラズベリー賞助演賞ノミネート
『アルマゲドン』<1998年>
『エグゼクティブ・デシジョン』
『クロスゲージ』
『ストリート・オブ・ファイヤー』
『デモリションマン』
『ドグマ』
『リーサル・ウェポン4』

以上、古川土竜からのお知らせでした。
では、死ななかったら、また会いましょう。

【2020/02/21 21:54】 日常ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |

PROFILE

古川土竜
  • Author:古川土竜
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
  • 03 | 2020/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

  • 2020年04月 (1)
  • 2020年03月 (3)
  • 2020年02月 (4)
  • 2020年01月 (2)
  • 2019年12月 (2)
  • 2019年11月 (2)
  • 2019年10月 (3)
  • 2019年09月 (1)
  • 2019年08月 (2)
  • 2019年07月 (4)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (2)
  • 2019年04月 (4)
  • 2019年03月 (1)
  • 2019年02月 (1)
  • 2019年01月 (1)
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (1)
  • 2018年10月 (1)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (1)
  • 2018年07月 (1)
  • 2018年06月 (1)
  • 2018年05月 (1)
  • 2018年04月 (1)
  • 2018年03月 (2)
  • 2018年02月 (1)
  • 2018年01月 (1)
  • 2017年12月 (1)
  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (1)
  • 2016年11月 (1)
  • 2016年10月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2016年08月 (1)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (1)
  • 2015年12月 (1)
  • 2015年11月 (1)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (1)
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (1)
  • 2015年06月 (1)
  • 2015年05月 (1)
  • 2015年04月 (1)
  • 2015年03月 (1)
  • 2015年02月 (1)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (1)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年09月 (1)
  • 2014年08月 (1)
  • 2014年07月 (1)
  • 2014年06月 (1)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年04月 (1)
  • 2014年03月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (1)
  • 2013年09月 (1)
  • 2013年08月 (1)
  • 2013年07月 (1)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年05月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2013年02月 (2)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (1)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (1)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年02月 (2)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年09月 (1)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (1)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (1)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (1)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年11月 (1)
  • 2009年10月 (1)
  • 2009年09月 (1)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (1)
  • 2009年06月 (2)
  • 2009年05月 (1)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (1)
  • 2009年01月 (2)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年09月 (1)
  • 2008年07月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年02月 (2)
  • 2008年01月 (2)
  • 2007年12月 (3)
  • 2007年11月 (4)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (2)
  • 2007年03月 (2)
  • 2007年02月 (3)
  • 2007年01月 (4)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (4)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (2)
  • 2006年04月 (1)
  • 2006年03月 (2)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (3)
  • 2005年10月 (3)
  • 2005年09月 (1)
  • 2005年08月 (1)
  • 2005年07月 (16)
  • 2005年06月 (30)
  • 2005年05月 (31)
  • 2005年04月 (33)
  • 2005年03月 (16)
  • CATEGORY

    LINKS

    SEARCH